DX時代における価値創出のための調査・分析を現状の顧客・市場調査と比べ、わかりやすく解説!

DX時代における顧客価値創出と調査・分析【LIVE配信】
~現状分析の視点、仮説思考の重要性、仮説のマネジメント~
※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
競合・市場調査【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年03月23日(火) 10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ★1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
会員登録とは?⇒よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付き

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
企画、開発、販売、計画業務に携わっているマネジャー、担当者
必要な予備知識
特にありませんが、あえて申し上げますと、『DX戦略立案書』(白桃書房2021)を一部参考にしながら講義及び演習を進める予定です。事前に準備をされたい方は、上記書籍のイントロのところだけでもお読みいただくと理解がしやすいと思います。
習得できる知識
現在提供している自社の顧客価値がどの程度、将来にわたり価値のあるものであり続けられるか、どの程度陳腐化する可能性があるかなどに関する考察を深め、事業を企画する際の新たな視点を開発することが期待できる。

趣旨
従来データは、生産、オペレーション、販売、マーケティングという事業そのもののプロセスの中で、いろいろな形(市場調査や在庫管理など)で、計画的に測定され、生み出されてきた。その結果得られたデータは、主として、評価、予測、そして意思決定に使われてきた。DXの時代は、これまでとは反対にデータの反乱に直面している。事業に利用できるデータの大半が、市場調査のような計画されたシステムを通して生み出されたものではなく、SNS上のなにげない会話、相互作用や社内外におけるプロセスから生み出されており、その量たるは今までとは比べ物にならないくらい大きくなっている。こうしたデータは、時間をかけて開発され、展開されるべき戦略的資産になりつつある。また、企業が新たなアイデアを開発し、検証し、市場に投入するプロセスに関しても大きく変化している。デジタル技術を活用することで、素早い実験が可能になり、継続的な学習がやりやすくなっている。アイデア検証がより簡単に、そして短期的になっており、新事業開発の一番最初から、上市するまで、更にはリリース後についても、市場からのフィードバックを得ることが可能になっている。本プログラムでは、上記のようなトレンドを踏まえて、DX時代における価値創出のための調査・分析についても検討するものである。
プログラム
1. 現状分析の視点 
 1-1. マクロ環境分析: DXによって変わる5つの領域(顧客、競争、データ、革新、価値)
 1-2. 顧客・市場分析: 市場、セグメント、ネットワークとしての顧客 
 1-3. 競合・業界分析: 業界構造、戦略グループ、プラットフォームとしての競合
 1-4. 自社資源分析: バリューチェーン、コア・コンピタンス、AI

2. 伝統的な顧客・市場調査 
 2‐1. 調査プロセス: 企画段階、実施段階、分析段階 
 2‐2. 調査手法: 定性調査(2次資料調査、FGI、インデプス、投影法、エスノグラフィック) 、定量調査(母集団・標本)、サーベイ、非サンプリング誤差  

3.DX時代におけるリサーチ 
 3‐1. 市場調査 vs. マーケティング・インテリジェンス 
 3‐2. 仮説思考の重要性、仮説を調査項目に落とし込む 
 3‐3. データに関しての再考、無形資産としてのデータ 
 3‐4. 必要なデータをどこで見つけるか 
 3‐5. 顧客データを事業価値に変えるテンプレート 

4. 仮説のマネジメント 
 4‐1. 発散型実験法 
 4‐2. 収斂型実験法
 4‐3. イノベーションを拡張する経路 
 4‐4. 価値提案計画(バリュー・プロポジション)ロードマップ 

5. 価値提案を時代に適応させていく際の組織的な課題 
 5‐1. データに関する組織的課題 
 5‐2. イノベーションにおける組織的課題 
キーワード
DX,マーケティング,市場調査,競合,マネジメント,研修,講習会
関連するセミナー
関連する書籍
関連するタグ
フリーワード検索