☆実際のプログミングのデモを、繰り返し復習できるアーカイブ配信付き! 

OpenCVを用いた画像処理プログラミング入門【LIVE配信】
 
☆当日のセミナーを復習できる「アーカイブ配信」を予定しております。

セミナー概要
略称
画像処理【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年10月19日(火) 10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
大阪大学 サイバーメディアセンター 准教授 博士 (工学) 浦西 友樹 氏

【ご専門】コンピュータビジョン,拡張現実感
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
会員の方あるいは申込時に会員登録される方は、受講料が1名55,000円(税込)から
 ・1名49,500円(税込)に割引になります。
 ・2名申込の場合は計55,000円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。
 ・10名以上で申込される場合は大口割引(総額165,000円~)があります。
  お気軽にメールでご相談ください。info@rdsc.co.jp
■会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
当日のWEBセミナーを繰り返し視聴できるアーカイブ配信付き!
アーカイブ配信は、受講者のみご覧いただける、1週間ほどの期間限定の配信です。
備考
【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちら からミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついては こちら をご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
これからOpenCVを用いた画像処理プログラミングを業務などで用いる方
必要な予備知識
C言語の基礎的なプログラミング能力
習得できる知識
画像処理に関する理論を理解し,OpenCVを用いた基礎的なプログラミング能力を習得できる
趣旨
 本セミナーでは,現在代表的な画像処理ライブラリとなっているOpenCV (Open Computer Vision Library) による画像処理プログラミングの基礎について解説します.セミナーではOpenCVの最新バージョンを用い,Windows機におけるOpenCVの導入方法から基礎的な使い方,そしてさらなる情報を入手するための手がかりについて解説します.OpenCVは現在,バージョン4まで更新されており,ライブラリの内容は進化を続けています.
 本セミナーは画像処理の実装環境を構築したい方,画像処理やOpenCVに興味がある方を対象とし,C/C++言語での基本的なプログラミングに関する知識を有していれば,本セミナーの内容を理解いただけるよう構成しています.
プログラム

1.イントロダクション
 1-1 画像処理とは?
 1-2 画像処理の応用分野
 1-3 画像処理プログラミングの特徴

2.開発環境の導入
 2-1 Microsoft Visual Studio Communityのインストール方法
 2-2 OpenCVのインストール方法
 2-3 Tips: 様々な環境でのOpenCVの使用
  (1) PythonでOpenCV
  (2) macOS/LinuxでOpenCV

3.OpenCVの基礎
 3-1 幾何的画像処理
  (1) 基礎的な幾何変換
  (2) アフィン変換
  (3) 射影変換
 3-2 光学的画像処理
  (1) 画像の色変換
  (2) ヒストグラム
  (3) 2値化

4.OpenCVケーススタディ
 4-1 画素への直接アクセス
 4-2 空間フィルタ
 4-3 2値画像処理
 4-4 局所特徴量に基づく物体検出
 4-5 機械学習による物体認識基礎

関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索