化成処理とは?その原理原則を理解する!

金属の表面処理技術(化成処理を中心として)【LIVE配信】

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。
セミナー修了後、受講者のみご覧いただける期間限定のアーカイブ配信を予定しております。

セミナー概要
略称
金属表面処理【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年11月18日(木) 13:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
日本パーカライジング(株) 総合技術研究所第二研究センター センター長 小崎 匠 氏
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
 ★3名同時申込は1名につき24,750円(税込)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付【PDF配布】

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
表面処理自体がニッチな業界であり、携わる人間は限られております。業界の専門用語は避け若干の化学の知識があれば理解できる内容にしております。
習得できる知識
表面処理技術の一つである化成処理の本質的な理解を深めると共に、りん酸亜鉛処理を始めとする産業界でかつ移用されている主な化成処理技術の概要を理解する
趣旨
鉄鋼の防錆目的にリン酸塩表面処理が適用されてから早100年が経過しました。今では種々金属に対し、様々な機能の表面処理が実用化されております。本講演では化成処理、特にリン酸亜鉛処理を中心とした皮膜析出反応機構と析出皮膜の作用効果について解説します。
プログラム

1.化成処理とは?
  1-1 化成処理の定義
  1-2 化成処理の歴史
  1-3 自動車用化成処理の移り変わり
2.塗装下地用りん酸亜鉛処理
  2-1 塗装下地用化成処理の効果
  2-2 りん酸亜鉛処理の反応機構
  2-3 りん酸亜鉛処理の質と性能
  2-4 りん酸亜鉛処理における表面調整の役割
  2-5 りん酸亜鉛の結晶構造
  2-6 亜鉛めっき材向けりん酸亜鉛皮膜処理の最適化
  2-7 りん酸亜鉛皮膜におけるNi,Mnの作用
  2-8 りん酸亜鉛処理におけるアルミニウム合金材対応
3.その他りん酸塩処理
  3-1 塑性加工用潤滑処理(りん酸亜鉛+石鹸処理)
  3-2 りん酸亜鉛カルシウム処理 
  3-3 りん酸マンガン処理
4.りん酸塩以外の化成処理
  4-1 ジルコニウム系化成処理
  4-2 クロメート処理
  4-3 ノンクロメート処理
  4-4 自己析出型コーティング処理
5.化成処理の管理方法
  5-1 アルカリ脱脂、酸洗および表面調整
  5-2 りん酸塩処理およびジルコニウム処理

キーワード
金属,剤,処理,界面,接着,表面,WEBセミナー,オンライン
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索