☆「わかりやすい」と毎年好評!振動を基本から学ぶのに最適な講座!
 振動を基本から理解し,設計や対策に活かす!

振動工学の基礎と設計・対策への応用【LIVE配信】
~力の流れ、共振とは何か、振動低減のために、高ダンピング設計、高剛性設計~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
振動工学【WEBセミナー】
セミナーNo.
211270
開催日時
2021年12月09日(木) 10:00~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
会員の方あるいは申込時に会員登録される方は、受講料が1名55,000円(税込)から
 ・1名49,500円(税込)に割引になります。
 ・2名申込の場合は計55,000円(2人目無料)になります。両名の会員登録が必要です。
 ・10名以上で申込される場合は大口割引(総額165,000円~)があります。
  お気軽にメールでご相談ください。info@rdsc.co.jp
■会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちら からミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついては こちら をご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
趣旨
 本講座は,振動を習ったことがない,あるいは,振動は習ったが実際の振動現象をどのように捉えてよいか分からない,といった初学者を対象にしている.
 そのため,振動の基本となる一自由度振動系の自由振動,固有振動数,強制振動についてまず説明する.これらの説明は,視覚的に現象を捉えられるように,動画を併用して行う.
 以上の基礎知識を実際の設計・対策に応用・展開していくためには,動的システムを十分に理解しておく必要がある.振動応答は,外力(加振力)に大きく支配される.現場で外力そのものが計測されることがほとんどない状況を考えると,変位や加速度といった振動応答から外力を推定するというプロセスが必要になってくる.振動の発生メカニズム,つまり動的システムを理解してもらうために,例題を示しながら,外力と振動応答との関係を説明する.
 さらに,振動問題としてたびたび技術者を困らせる共振について,エネルギー的な観点から解説し,共振が物理的(本質的)に理解できるように講義を進める.
 振動発生メカニズムが理解できれば,次は,具体的な対策を考えることになる.振動系を構成する質量,ばね,減衰が,振動応答にどのような影響を与えるかをまず説明する.さらに,構造物の低振動化のために必要な「高減衰設計」の基本的な考え方,「高剛性設計」の基本となる「力の流れ」について言及する.
プログラム

1.はじめに

2.【振動の基礎】 一自由度振動系
 2-1 自由振動
  2-1-1 運動方程式と固有振動数
  2-1-2 粘性減衰系の挙動
 2-2 強制振動
  2-2-1 運動方程式
  2-2-2 時刻歴波形と共振曲線
  2-2-3 力による強制振動・変位による強制振動
  2-2-4 振動の評価量

3.【基礎の次のステップ】 「外力」が「運動」を支配する
 3-1 外力と振動応答の関係 
  3-1-1 応答から外力を「推定」する
  3-1-2 周波数分析の観点から考える
 3-2 外力の種類と応答
  3–2-1 正弦波
  3–2-2 ひずみ波
  3–2-3 不規則波
 3-3 各種機械要素・装置における外力
  3-3-1 軸受け
  3–3-2 歯車
  3–3-3 空調機など

4.【基礎の次のステップ】 振動低減のために「何を変更・改善」すべきか 
 4-1 外力を小さくすることができればよいのだが
 4-2 ばね支配・減衰器支配・質量支配

5.【物理的に掘り下げる】 「共振」の本質を理解する
 5-1 エネルギー的な観点から見直してみる
 5-2 外力がなす仕事とダンパによって消散されるエネルギー
 5-3 共振は外力がもっとも効率良く仕事をなした結果起こる現象
 5-4 減衰による振動低減の物理的意味

6.【振動特性の改善】 高ダンピング設計
 6-1 振動エネルギーをダンパに「流す」
 6-2 板の曲げ振動を抑える制振材貼り付けの考え方

7.【振動特性の改善】 高剛性設計
 7-1 高剛性化/軽量化の基本的考え方
 7-2 「力の流れ」を読む・適用する
 7-3 リブ構造の例

キーワード
機械,振動,設計,共振,制振,セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索