ホーム > セミナー > 車載用高機能材料の最新技術動向

車載用高機能材料の最新技術動向

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
車載用高機能材料
セミナーNo.
jms190704  
開催日時
2019年07月23日(火)10:00~16:35
主催
(株)ジャパンマーケティングサーベイ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
都内(後日連絡)  
価格
非会員: 57,240円(本体価格:53,000円)
会員: 57,240円(本体価格:53,000円)
学生: 57,240円(本体価格:53,000円)
価格関連備考
1名様 53,000円(税別)テキスト及び昼食を含む

講座の内容

趣旨
 車載部品の信頼性設計、および車載向け高機能材料における最新の技術動向について詳細に解説して頂くことにより、本業界に関わる方々のビジネスに役立てて頂くことを目的とします。
プログラム

 1. 車載部品の信頼性設計概念 ~安全性との関わり~
 日産自動車株式会社 山際 正憲 氏

 1. 自動車産業を取り巻く環境と今後の課題
 2. 信頼性と安全性の設計概念
 3. 車載部品の信頼性設計ロジック
 
2. 自動車における制振・吸音・遮音・断熱材の概要と高性能化技術動向
 愛知工業大学 谷本 隆一 氏

 1.制振の概要
 2.吸音・遮音の概要
 3.断熱の概要
 4.吸音・遮音材による車内音低減
 5.断熱材による冷凍車の性能向上
 
3. 自動車におけるPEEK樹脂材料の開発動向
 ダイセル・エボニック株式会社 澤田 克己 氏
 
4. 自動車向けCFRP高速成形技術とマルチマテリアル化の技術動向
 前田技術事務所 前田 豊 氏

 1. CFRP(炭素繊維複合材料)の概要
 2. PAN系CFRPの技術動向
  マトリックス樹脂の成形加工に合わせた材料選択など
 3. 自動車へのCFRP適用技術
  ハイサイクル一体RTM成形、高速プリプレグ圧縮成形技術、熱可塑樹脂成形技術など。
 4. 自動車のマルチマテリアル(多材料)化技術の概要
  接合技術その他
 5. 自動車へのCFRP適用技術のまとめと今後の展望

スケジュール
10:00~10:05 諸連絡
10:05~11:35 第1部
11:40~12:20 昼食
12:20~13:45 第2部
13:55~14:55 第3部
15:05~16:30 第4部 

※各講演終了後に5分程度の質疑応答を設けます。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ