ホーム > セミナー > レーザーディスプレイ・照明技術動向と自動車分野への応用展開

レーザーの発光原理から市場・技術動向、自動車分野を中心とした用途展開まで

レーザーディスプレイ・照明技術動向と自動車分野への応用展開

超小型および高輝度・高効率化により超低消費電力化も狙えるとして注目を集めるレーザー照明・ディスプレイ
レーザーディスプレイの車載ヘッドアップディスプレイへの応用が検討される等自動車分野で特に注目を集めている
本セミナーではレーザーの発光原理から市場・技術動向、自動車分野を中心とした用途展開まで幅広く解説する

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
レーザーディスプレイ・照明
セミナーNo.
st170621  
開催日時
2017年06月29日(木)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 4階 第1特別講習室
価格
非会員: 43,200円(税込)
会員: 41,040円(税込)
学校関係者: 43,200円(税込)
価格関連備考
43,200円 (会員受講料 41,040円 )
定価:本体40,000円+税3,200円
会員:本体38,000円+税3,040円
【2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円)】
  ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
  ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
  ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
  ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・初心者から初級者レベル
・現状のレーザー照明・ディスプレイの応用が知りたい技術者から企画、営業マンまでどなたでも理解できるよう解説頂きます
習得できる知識
・レーザー照明およびディスプレイの要素技術、課題
・各種応用事例および今後の想定される商品。特に自動車分野など
・応用製品におけるレーザー安全に関する知識
・国内および海外動向。将来市場推移
趣旨
 民生用レーザーTVに続いて、超小型の携帯 プロジェクタ、高輝度データプロジェクタ、ヘッドアップディスプレイが商品化、レーザー照明としてはレーザーヘッドライトが実用化された。極めて広い色再現範囲を持つだけでなく、超小型および高輝度・高効率化により超低消費電力化もねらえるという特徴もあり商品化が急加速している。
 ここでは、レーザー照明・ディスプレイについて、その構成、特徴、課題、応用を解説する。特に応用ではヘッドライトやヘッドアップディスプレイなどの自動車分野関係をクローズアップする。
プログラム
1.レーザーディスプレイ・照明の概要
 1.1 これまでの開発の流れ
 1.2 レーザー技術の特徴とLEDとの比較
 1.3 注目すべきポイント
 
2.レーザーディスプレイ・照明の要素技術
 2.1 光学系、変調、偏向
 2.2 スペックル除去
 2.3 光源(半導体レーザー、波長変換)
 2.4 レーザーの安全に関して
 
3.レーザーディスプレイ・照明の応用
 3.1 レーザーTV、レーザープロジェクタ
 3.2 車載用ヘッドアップディスプレイ
 3.3 レーザーヘッドライト
 3.4 新たなレーザー照明とその応用
 
4.課題と今後の展開
 4.1 省エネルギー効果見積もり
 4.2 課題と技術ロードマップ
 4.3 各応用製品の市場予測

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ