ホーム > セミナー > トレンド分析の落とし穴と成功率を高めるビジネス活用法

トレンド分析の落とし穴と成功率を高めるビジネス活用法

変化こそがビジネスチャンス!でも、様々な潮流が渦巻く中、自社のビジネスにつながるものを見極められていますか?
” 使えるトレンド ” を見つけ出し、成功率の高いシナリオを描こう!
ミニ演習もついています、この機会に、きちんと企業の利益に貢献するトレンド分析のしかた学んでみませんか?

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
トレンド分析
セミナーNo.
st180422  
開催日時
2018年04月26日(木)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 4F 第2特別講習室
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学校関係者: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 (会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

受講対象・レベル
・新事業開発、新製品開発の業務に携わるプロジェクトリーダー、及びご担当者
・経営企画、経営戦略室、及びマーケティング統括、中央研究所、開発部門の企画部の方
習得できる知識
・トレンド分析の方法論習得と、独学でやると陥りがちな落とし穴への気付き
・トレンド分析をもとにした自社ビジネスへの活用方法と、そのポイント
趣旨
世の中の潮流(トレンド)に乗った新事業・新製品創出の必要性を感じている企業は多い。その一方で、トレンドに乗ることが必ずしもビジネスの成功に繋がるわけではなく、むしろ多くの競合が参入するなか、経営資源を浪費し、新事業・新製品創出の機会を逸失すると躊躇する企業も多い。本セミナーでは、新事業・新製品開発の支援で長年の経験豊かな現役コンサルタントが、トレンド分析で陥りがちな落とし穴について解説し、自社のビジネスで活用し、成功確率を高めるためのポイントをレクチャーする。
プログラム
1.トレンド分析が何故重要になるのか
 1.1 今日の新事業・新製品開発を取り巻く状況 
 1.2 企画品質の二元論・「当たり前」品質から脱却するためには
 1.3 変化こそがビジネスチャンスを生む

2.トレンドとは何か・誤解しやすい点
 2.1 ムーブメントとトレンド/メガトレンド/ブームの違い
 2.2 マーケティングレポートにはトレンドは直接述べられていない・トレンド分析の基本的な考え方
 2.3 トレンド分析の基本ステップ~トレンド分析ミニ演習

3.トレンド分析を活用したビジネス構想立案・シャイニングスター構想法
 3.1 自社ビジネスにとって意味のあるトレンド(お客様の価値観の転換)に着目する
 3.2 トレンドが加速した際の未充足を分析する
 3.3 トレンド分析結果をそのまま商品企画にしてはならない・未充足の要因分析を行うことがポイントになる 
 3.4 シャイニングスター構想のミニ演習

4.事業計画に重大な影響を及ぼすマクロドライバの予測手法
 4.1 事業計画値に重大な影響を及ぼすマクロドライバとは
 4.2 マクロドライバへの影響因子の構造化
 4.3 普及要因/普及阻害要因の評価
 4.4 楽観シナリオ/ベースシナリオ/ボトムシナリオの策定

5.実践事例の紹介・自社での活用における相互ディスカッション 

  □質疑応答・名刺交換□

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ