ホーム > セミナー > キャパシタを活用するための回路設計と制御技術

キャパシタを活用するための回路設計と制御技術

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
キャパシタ
セミナーNo.
tr150609  
開催日時
2015年08月27日(木)13:30~16:30
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 
価格
非会員: 46,440円(税込)
会員: 46,440円(税込)
学生: 46,440円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 46,440円(43,000円+税)
1口でお申込の場合 60,480円(56,000円+税)/1口(3名まで受講可能)

講座の内容

趣旨
 車載、民生、産業用途において、リチウム電池などに代表される大容量の2次電池の重要性が高まっています。一方で、長サイクル寿命、高充放電レートなどの特徴から電気二重層キャパシタや、リチウムイオン・キャパシタの活用が期待されています。
 本セミナーでは、車載、民生、産業用途においてキャパシタを効率的に用いるための電源回路技術、制御技術について解説し、実際に使用されている事例を紹介しながら、キャパシタの活用方法を学びます。
プログラム
1 アプリケーションから見た、キャパシタの特徴
2 基本回路

  2.1 電力変換の基礎
  2.2 非絶縁型DC-DC
  2.3 絶縁型DC-DC
3 キャパシタを使用するための制御方法
  3.1 制御系設計の基礎
  3.2 電流制御系の設計
  3.3 電圧制御系の設計
4 応用事例の紹介
  4.1 系統連系
  4.2 瞬停補償
  4.3 電力平準化 
  4.4 さらなる高効率化手段
5 まとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ