ホーム > セミナー > 車載カメラにおける画像認識技術のポイントと周辺監視・自動駐車への応用

車載カメラにおける画像認識技術のポイントと周辺監視・自動駐車への応用

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
車載カメラ
セミナーNo.
tr171001  
開催日時
2017年10月02日(月)11:00~16:00
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 
価格
非会員: 49,680円(税込)
会員: 49,680円(税込)
学校関係者: 49,680円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 49,680円(46,000円+税)/ 1名
1口でお申込の場合 61,560円(57,000円+税)/ 1口(3名まで受講可能)

講座の内容

プログラム
1 周辺監視カメラの製品化及び技術動向
  1.1 製品化の歴史~現状
   ・リアモニタカメラ映像への予想軌跡線重畳機能から現状における発展機能まで
  1.2 将来動向
   ・車載カメラ市場予測
   ・市場ニーズ
   ・関連法規,政策
   ・今後の機能発展

2 周辺監視カメラで実現可能な機能
  2.1 前提となるシステム構成
  2.2 実現可能な応用機能整理
   2.2.1 レーン認識応用機能
   2.2.2 移動体認識応用機能
   2.2.3 静止物認識応用機能

3 機能を実現するための必要技術
  3.1 レーン認識応用機能
   3.1.1 線分認識技術
     ・道路境界認識技術
     ・フロントカメラによる認識との得失比較
     ・実環境における検知性能
  3.2 移動体認識応用機能
   3.2.1 広角カメラ画像歪み補正方法
   3.2.2 オプティカルフロー検出方法
   3.2.3 接近物体抽出方法
   3.2.4 実環境における課題対策
   3.2.5 実環境における認識性能
     ・接近車両,自転車,歩行者の認識事例,映像紹介
  3.3 静止物認識応用機能
   3.3.1 パターン認識技術
     ・基礎技術
     ・人,車両検知応用例
     ・最新動向
   3.3.2 ステレオカメラ技術
     ・基礎技術
     ・後退時人,障害物検知応用例
     ・最新動向
   3.3.3 移動ステレオ技術
     ・基礎技術
     ・駐車空間認識応用例
     ・最新動向

4 周辺監視カメラによる環境認識を用いたステアリング制御技術
  4.1 レーンキープアシストシステム
   ・基礎技術:モデリング~制御アルゴリズム,課題解決技術
   ・実環境での評価
  4.2 自動駐車
   ・基礎技術

5 まとめ

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ