FMCW光センシング技術の基礎と応用 = 3D形状計測 / LiDAR =【WEBセミナー】

※本セミナーは開催日が1月18日から変更になりました

セミナー概要
略称
光センシング【WEBセミナー】
セミナーNo.
tr240105
開催日時
2024年03月26日(火) 13:00~16:30
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
金沢大学 理工研究域 フロンティア工学系 教授
飯山 宏一 氏

■略歴:
1985年3月 金沢大学 工学部 電子工学科 卒業
1987年3月 金沢大学大学院 工学研究科 電子工学専攻 修士課程修了
1987年4月 横河・ヒューレット・パッカード株式会社
1988年4月 金沢大学 工学部 助手
2001年6月 ハインリッヒ・ヘルツ通信技術研究所(ドイツ・ベルリン)客員研究員(2002年2月まで)
2009年4月 金沢大学 理工研究域 教授
2012年4月 金沢大学 学長補佐
2018年4月 金沢大学大学院 新学術創成研究科長
2022年4月 金沢大学大学院 自然科学研究科長/金沢大学 高度モビリティ研究所長

【受賞学術賞】
最優秀ポスター賞 (4th International Symposium on Organic and Inorganic Electronic Materials and Related Nanotechnologies)(2013/09)
最優秀論文賞(2nd International Conference on Electronic Design)(2014/08)
特別賞 (International Symposium on Optical Memory 2016)(2016/10/19)
価格
非会員: 51,700円(税込)
会員: 51,700円(税込)
学生: 51,700円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 51,700円[税込]/1名
1口でお申込の場合 66,000円[税込]/1口(3名まで受講可能)

※4名以上お申し込みの場合は、ご連絡ください。
 
備考
★本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

★インターネット経由でのライブ中継のため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

★受講中の録音・撮影、スクリーンキャプチャ等は固くお断りいたします。
講座の内容
趣旨
 光を用いた計測技術は,高感度,非接触・非侵襲,耐電磁無誘導などの特徴から,様々な光計測技術が開発されています。特にレーザ光を用いた距離計測技術は,土木測量,車載LiDAR,医療診断機器などに広く利用されています。また,小惑星探査機「はやぶさ2」にもLiDARが搭載され,小惑星との距離計測に利用されました。
 レーザ距離計測技術には光パルスの往復の伝搬時間から距離を測定するToF法が広く用いられていますが,光周波数が時間的に線形に掃引されたレーザ光を用いたFMCW法が最近注目を浴びてきており,光イメージングや車載用LiDARに向けた研究開発が行われています。
 本セミナーではFMCW方式による光センシング技術の原理とシステム構成例を解説し,3次元物体形状計測やFMCW LiDARへの応用例について説明します。
プログラム

1. FMCW光センシング技術の原理
  1.1 光距離センシングの種類
  1.2 FMCW光センシングの基本原理

2. FMCW光センシング技術の高精度化
  2.1 光周波数掃引の非線形性の影響
  2.2 光周波数掃引の線形化
  2.3 k-サンプリング法
  2.4 リサンプリング法

3. 3次元形状計測への応用
  3.1 システム構成
  3.2 距離測定精度
  3.3 形状計測例
  3.4 測定の高速化

4. LiDARへの応用
  4.1 システム構成
  4.2 計測例

5. まとめ

関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索