永久磁石同期モータ駆動システムにおけるインバータの過変調領域の利用【WEBセミナー】

セミナー概要
略称
永久磁石同期モータ【WEBセミナー】
セミナーNo.
tr240704
開催日時
2024年07月16日(火) 13:30~16:00
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
中部大学 工学部 電気電子システム工学科 准教授 博士(工学)
松本 純 氏
  
<略歴、等>
 2011年3月 中部大学大学院 工学研究科 博士前期課程 電気電子工学専攻修了
 2014年3月 名古屋大学大学院 工学研究科
       博士課程後期課程 電子情報システム専攻修了 博士(工学)
 2014年4月 中部大学 工学部 電気電子システム工学科 助手
 2015年10月 中部大学 工学部 電気電子システム工学科 助教
 2019年4月 中部大学 工学部 電気電子システム工学科 講師
 2024年4月 中部大学 工学部 電気電子システム工学科 准教授
  現在に至る。

 主として、永久磁石同期モータの制御に関する研究に従事。平成29年電気学会電気学術振興賞(論文賞)を受賞。
価格
非会員: 51,700円(税込)
会員: 51,700円(税込)
学生: 51,700円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 51,700円[税込]/1名
1口でお申込の場合 66,000円[税込]/1口(3名まで受講可能)

※4名以上お申し込みの場合は、ご連絡ください。
備考
★本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。

★インターネット経由でのライブ中継のため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。

★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。
講座の内容
趣旨
 永久磁石同期モータは家電分野から自動車分野に至る様々な分野で用いられており、小形で高出力なシステムの構築に寄与しています。ただし、永久磁石同期モータはバッテリーや商用電源に直接接続しても回転しないことから、インバータを介して駆動する必要があります。特に、バッテリーで駆動するシステムの場合、限りある電圧を最大限利用して電流ひいてはトルクを制御しなければ、駆動可能領域が縮小し、所望のシステム性能が達成できないといった自体に陥るため、制御系設計も非常に重要な役割を担います。
 本セミナーでは、永久磁石同期モータのベクトル制御系に対し、制御系の変更のみでさらなる高出力駆動を実現するためのインバータの過変調領域の利用方法について説明します。パワーエレクトロニクスやモータ制御システムの知見を踏まえ、なぜこの制御法が用いられるのか、なぜこの計算となるのか、といった業務上の疑問を解決していきます。
プログラム

0 電圧利用率の改善

1 過変調駆動と1パルス駆動

2 含有する高調波成分とそのフィルタ処理

3 フィードバック型弱め磁束(FW)制御

関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索