ホーム > セミナー > IoTを活用したモノづくりの進め方【三菱電機工場見学付】

IoTで何ができるのか?IoT/AIをどのようにものづくり現場に適用するのか?

IoTを活用したモノづくりの進め方【三菱電機工場見学付】

※キャンセル待ちを受け付けております。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
IoTモノづくり【工場見学付】
セミナーNo.
170329  
開催日時
2017年03月02日(木)10:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
ウインクあいち 11F 1106
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 49,980円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名様同時申込の場合、2名で86,400円(税込)になります。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
セミナーご参加の方には三菱電機 名古屋製作所(無料)見学に招待いたします。
※同業他社の方はお断りする場合がございます。
  工場見学の内容とセミナー内容は関連の無い場合がございます。あらかじめご了承ください。
備考
工場へ名簿を2月2日(木)に提出いたします。参加の目処が立たない場合でも2日(木)までにお申込ください。
2月2日から2月20日の間はキャンセルを受け付けます。

講座の内容

受講対象・レベル
IoTとは何かを学びたい方
IoTをものづくり現場で適用・導入したい方
IoTを支えるテクノロジーの概要を知りたい方
習得できる知識
IoTに関する基礎知識
IoT/AIを適用・実践するための知識
IoT/AIのテクノロジーに関する知識
趣旨
IoTが世の中一般に知られて久しい。しかし、そのIoTで何ができるのか、どういう効果が出るのか、ということを理解している人は少ない。
 本講座では、IoTとは何か、IoT/AIをどのようにものづくり現場に適用するのか、どういう効果が期待できるのか、IoT/AIを支えるテクノロジーの概要、実践するための課題と解決策、そして、“今、なぜIoTなのか”を解説する。
プログラム

IoTを活用したモノづくりの進め方(10:00~13:00)

1.IoTとは?
  1.1 IoTとは、IoTは4つの側面を持つ
  1.2 GEのIndustrial Internetはビジネスモデル、ドイツのIndustrie 4.0はSCM
  1.3 世界中で動き出すIoT
2.ものづくりIoTとは
  2.1 ものづくりIoTとは、16のできること、19の刈り取れるロス
  2.2 ICタグによる安全管理、位置管理
  2.3 ビデオ標準・スマートグラスによる教育・訓練のしくみづくり、作業ナビ、トラブル対応
  2.4 通信機能付きセンサーによる予知保全
  2.5 音声認識によるデータの自動入力、AIによる自動検査
3.IoTをやる前にまず改善
4.IoTを支える6つのテクノロジー
  4.1 クラウド、ビッグデータ、セキュリティ
  4.2 AI(ディープラーニングによる画像認識)、音声認識
  4.3 スマートグラス
5.実用化における5つの課題
  5.1 実用化における5つの課題
  5.2 実用化手順SPM-Ⅱ
6.まとめ:今、なぜIoTか
 

三菱電機(株)名古屋製作所(14:00~16:00)

 数々の優れた実績をあげる世界で最先端を行く工場に迫る!
 設備稼働率190%にアップ!生産性180%にアップ!システム構築コスト65%ダウン!
 実証!e-F@ctory化工場!IoT時代見据えたFA機器の新開発拠点!
スケジュール
10:00~13:00 セミナー
     ↓
13:00~14:00 移動、バス内で昼食
     ↓
14:00~16:00 三菱電機(株) 名古屋製作所 工場見学
     ↓
16:00~17:00 移動、名古屋駅で解散
キーワード
Iot,ものづくり,生産現場,Internet of Things,研修,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ