ホーム > セミナー > アジア主要国の薬事制度・知的財産の実際と日本との相違点

市場の動向・進出のポイントも含めて解説いたします!

アジア主要国の薬事制度・知的財産の実際と日本との相違点

~中国・インド・インドネシア・シンガポール・タイ・マレーシア・フィリピン・ベトナム…etc~

セミナー概要

略称
アジア薬事規制
セミナーNo.
開催日時
2019年01月31日(木)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第6展示室
講師
(有)ヴェト・ケミカル 取締役社長 尾野 啓子 氏

【専門】
医薬品・医療機器等の研究開発の調査
【略歴】
 北里大学卒業の獣医師
 医療機関で画像診断、臨床検査業務を3年間経験。
 関東医師製薬(メクト㈱)の研究所で非臨床試験(GLP、主に病理)を担当、
 その後工場の品質管理部でGMP(バリデーションの導入時)を担当。  
 また中国に点眼薬を輸出する業務にも一部関与。メクト㈱の清算のため退職。
 6か月間動物病院に勤務。
 1995年に有限会社ヴェト・ケミカルを設立。医薬品の市場調査、出版業務等を行い、現在に至る。
【活動等】
 GCP、GLP、GMP、医薬品及び医療機器の研究開発のアウトソーシング業務、アジアの国々の医薬品・医療機器に関連する市場調査、出版。
 臨床検査(画像診断等)、動物病院の獣医師、GLP(病理学)、GMP、GCPについて、広く浅い経験ばかり、それが強みと考えています。
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

習得できる知識
・ 中国当局の知的財産の侵害について
・ 中国経済の減速が、中国、インドおよびASEAN主要国(インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム)の医薬品市場に与える影響について
・ 中国、インドおよびASEAN主要国の、知的財産を含めた、日本と違う医薬品関連の法制度について
・ 中国、インドおよびASEAN主要国の、薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
趣旨
 中国当局は外国企業に技術移転を強要し、知的財産を侵害していると欧米がWTOに提訴した。一般的に、医薬品は政治等の影響を受けにくいが、知的財産は、医薬品の根幹にかかわる問題のため、今後、中国はもとより、インドやASEAN主要国の医薬品市場にも何らかの影響が出る懸念がある。
 そこで中国、インド、ASEAN主要国の医薬品の薬事制度と、知的財産を含めた、日本と違う医薬品関連の法制度について解説する。
 さらにアジアの経済をけん引してきた中国経済の減速が始まり、中国、インド、ASEAN各国の経済変化が医薬品市場に影響すると予想される。各国の薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて解説する。
プログラム
1.中国当局の知的財産の侵害と、中国経済の鈍化のアジアの医薬品市場への影響
 1-1.中国当局の外国企業に対する技術移転の強要による、知的財産の侵害について
 1-2.欧米の中国へのWTO提訴が、アジアの医薬品市場に与える影響について
 1-3.中国経済の鈍化がアジア各国の医薬品市場に与える影響について

2.薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-1.中国の薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-2.インドの薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-3.インドネシアの薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-4.シンガポールの薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-5.タイの薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-6.マレーシアの薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-7.フィリピンの薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について
 2-8.ベトナムの薬事制度の概要と、知的財産を含めた日本と違う医薬品関連の法制度について

3. 薬事制度と市場を絡めた進出のポイントついて
 3-1.中国の薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
 3-2.インドの薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
 3-3.インドネシアの薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
 3-4.シンガポールの薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
 3-5.タイの薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
 3-6.マレーシアの薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
 3-7.フィリピンの薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて
 3-8.ベトナムの薬事制度と市場を絡めた進出のポイントについて

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
薬事、アジア、ASEAN、規制、セミナー、講習会、研修、講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ