ホーム > セミナー > 医療機器開発のための薬事承認申請と対応【大阪開催】

医療機器開発のための薬事承認申請と対応【大阪開催】

~開発のために覚えておくべき規制や販売までの流れを一日で学べます!~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
医療機器申請【大阪開催】
セミナーNo.
190343  
開催日時
2019年03月08日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
滋慶医療科学大学院大学 9F 講義室1
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
備考
昼食・資料付

講座の内容

習得できる知識
医療機器の開発を行うに当たって必要な薬事規制、QMS(ISO13485)、
リスク分析等の基本的な事項
薬事承認申請書、添付資料(STED)等の内容と作成方法
趣旨
医療機器を開発するに当たって、実施しなければならない事項、対応しておかなければならない事項を順序立って説明すると共に、薬事申請、申請後の対応のポイントを医療機器メーカーの開発者の視点から、判りやすく、平易に説明します。
プログラム
 1.医療機器の開発のために必要なこと
  1)開発する上での法的規制
  2)医薬品医療機器等法の目的
  3)法令が関係する範囲
  4)医療機器とは
  5)医療機器の開発とQMS
  6)医療機器製造業の取得(登録)と責任技術者の設置
  7)医療機器製造販売業の取得(許可)
  8)必要な組織体制と人材

 2.医療機器の製品化のために必要なこと
  1)医療機器か非医療機器か
  2)一般的名称とクラス分類
  3)薬事申請区分の考え方(後発、改良、新医療機器)
  4)薬事申請に必要な非臨床試験
  5)治験の要否の考え方

 3.薬事申請書類の作成のために
  1)薬事申請等の流れ
  2)薬事申請の考え方
  3)製造販売届出か、申請か
  4)リスク分析とは

 4.製造販売承認/認証申請書等の作成とその対応

 5.信頼性調査(適合性書面調査)への対応

 6.QMS適合性調査とその狙い

 7.QMS適合性調査への対応

 8.その他
 
 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
医療機器、QMS、薬事、セミナー、研修

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ