ホーム > セミナー > 抗がん剤領域におけるこれからの承認申請資料と審査のポイント

当局の抗がん剤の審査動向から今後の開発戦略を見出す!

抗がん剤領域におけるこれからの承認申請資料と審査のポイント

~免疫チェックポイント阻害剤/分子標的阻害剤の審査報告書から読み取れる開発のポイントとは?~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
がん承認申請
セミナーNo.
190601  
開催日時
2019年06月28日(金)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無
料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
備考
資料つき

講座の内容

趣旨
抗がん剤領域は、昨年のノーベル医学生理学賞で話題となったオプジーボを含む「免疫チェックポイント阻害剤」を筆頭に有望な新薬が次々と承認され、市場拡大が続いています。本邦の抗がん剤市場は、2014年には約8500億円に達し薬効別で国内最大の市場となっています。当該市場は今後も拡大を続け、2023年には約1兆5000億円にまで達すると予想されています。
がん種別の市場規模は、2014年は1位が大腸がん、2位が乳がん、3位が前立腺がんでしたが、2023年には1位が肺がん、2位が乳がん、3位が前立腺がんとなると予想されています。とくに肺がんは、免疫チェックポイント阻害剤や分子標的薬の承認が続くことで、今後10年で市場規模が約3.5倍(2014年948億円、2023年約3300億円)に急拡大すると分析されています。
本研修では、今後ますます拡大が見込まれる抗がん剤領域、とくに肺がん領域の承認申請資料と審査のポイントについて、最近承認された免疫チェックポイント阻害剤及び分子標的阻害剤の分子メカニズムを踏まえて、審査報告書から読み取れるポイントを参考にしながら考察します。
また、最近話題の「がんゲノム医療」及び薬剤費の高騰による「経済毒性」が今後の承認審査に与える影響として何が考えられるのかについても考察します。
プログラム
 1.はじめに
  1.1 抗がん剤開発の概略
  1.2 肺がん治療薬の承認動向
 2.審査報告書から読み取れるポイント
  2.1 EGFRチロシンキナーゼ阻害剤
  2.2 ALKチロシンキナーゼ阻害剤
  2.3 免疫チェックポイント阻害剤
  2.4 VEGF受容体阻害剤
 3.がんゲノム医療
 4.経済毒性
 5.今後の展望
キーワード
がん、免疫、チェックポイント、治験、申請、講演、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ