ホーム > セミナー > メタマテリアルの基礎とその構造および応用分野【大阪開催】

メタマテリアルの基礎とその構造および応用分野【大阪開催】

セミナー概要

略称
メタマテリアル【大阪開催】
セミナーNo.
開催日時
2019年07月08日(月)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
大阪産業創造館 5F 研修室C
講師
京都工芸繊維大学 電気電子工学系 教授 博士(工学) 上田 哲也 氏
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

必要な予備知識
 必須となる予備知識は特にないが、簡単な電気回路、電磁気学の基礎を習得しているとより理解しやすい内容になっている。
趣旨
 電磁波の伝搬/遮断を制御する人工媒質・構造体の一つであるメタマテリアルは、単位セル(あるいはメタ原子・分子)と呼ばれる波長に比べて十分小さな構成要素からなり、実効誘電率および透磁率を所望の値に制御する設計技術のことである。伝送線路モデルを用いてメタマテリアル中の電磁波伝搬をわかりやすく記述し、その物理的意味を詳細に述べる。非金属である誘電体粒子からなるメタマテリアルを紹介し、非磁性の誘電体粒子が磁気双極子のような振舞いを示す場合に、全体構造の実効透磁率の値を正の値だけでなく0もしくは負の値に制御できることを示す。
 また、誘電体からなるメタマテリアルの構成法を分類し、それぞれの動作原理を等価回路モデルにより解説する。続いて、実効屈折率が0となるメタマテリアルを、共振器の構成要素として用いた場合に見られる現象として0次共振を紹介する。この0次共振は、共振器の両端反射条件を人為的に変えることにより、共振状態を連続的にダイナミックに変化させることが可能である。
 さらに、順方向が正の屈折率,逆方向が負の屈折率を示す非相反メタマテリアルを紹介する。この非相反メタマテリアルを共振器に用いると、共振周波数を固定したまま、共振器サイズを自由に変えることができ、さらに電磁界分布の位相勾配を動的に変えることが可能である。これらのメタマテリアルの応用例として、小型で高効率、さらにビーム方向が周波数によらず一定となるビーム走査アンテナおよび偏波回転制御可能なアンテナを紹介する。
プログラム
1.メタマテリアルの基礎
 1.1 メタマテリアルとは?
 1.2 伝送線路モデル
 1.3 右手/左手系複合(CRLH)メタマテリアル
 1.4 具体的構成例
2.誘電体メタマテリアル
 2.1 実効誘電率・透磁率の定式化・計算例
 2.2 電磁波伝搬の原理と等価回路モデル
 2.3 構成方法の分類
 2.4 3次元構造
3.CRLHメタマテリアルからなる0次共振器
 3.1 共振条件
 3.2 両端条件の一般化 
 3.3 バンドギャップのない平衡型CRLHメタマテリアルの場合
 3.4 バンドギャップのある非平衡CRLHメタマテリアルの場合
 3.5 電流分布制御
 3.6 偏波回転制御可能なアンテナへの応用
4.非相反メタマテリアル
 4.1 非相反性と発現のメカニズム
 4.2 表と裏で屈折率が正負入れ替わるメタマテリアル
 4.3 等価回路モデルと分散関係
 4.4 具体的構造例
 4.5 非相反漏れ波アンテナと終端反射による放射利得増強
 4.6 擬似進行波共振器と動作原理
 4.7 擬似進行波共振器のビーム走査アンテナへの応用
 4.8 擬似進行波共振器の円偏波アンテナへの応用
 4.9 CRLHメタマテリアルの非相反性増強
 4.10 周波数依存性のない非相反性をもつCRLHメタマテリアル
 4.11 周波数によらずビーム方向が一定となるビーム走査アンテナへの応用
 4.12 最後に
【質疑応答・名刺交換】
キーワード
メタマテリアル,非相反,アンテナ,誘電体,遮断,遮蔽,電磁波,講習会,研修,講座,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ