ホーム > セミナー > FMEA・FTA(2日間)

FMEA・FTA(2日間)

FMEA・DRBFM・FTAの2日間講座
各日単独でもお申込いただけます。

セミナー概要

略称
FMEA・FTA(2日間)
セミナーNo.
開催日時
2020年01月28日(火)10:30~16:30
2020年01月29日(水)10:00~16:00
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
講師
CS-HK 代表 上條 仁 氏
<専門>
発明的問題解決法 (TRIZ)  品質機能展開 (QFD)  デザインレビューの効率化  故障モード影響解析 (FMEA・DRBFM)  不良の木解析 (FTA)
品質マネージメントシステム指導 (ISO9001・IATF16949)
<略歴>
1983年 :(株) 日立製作所入社 日立工場パワーデバイス開発センタにて電力用半導体設計開発
1997年 :半導体グループ汎用半導体事業部・自動車用半導体設計開発
1998年 :半導体グループ品質信頼性保証本部ISO9001/QS9000(現IATF16949)事務局
    品質機能展開 (QFD) にて日立全社普及展開活動推進
2002年 :(株)日立製作所を退社し、コンサルタントスタート、
価格
非会員: 69,300円(税込)
会員: 63,800円(税込)
学生: 22,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で69,300円(税込)から
 ★1名で申込の場合、63,800円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計69,300円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
 また、当日学生証をご持参ください。
備考
昼食(両日)・資料付き

講座の内容

習得できる知識
1日目【FMEA・DRBFM編】
・FMEA・DRBFMのあるべき姿、本来の未然防止に役立つやり方
・効率良い、やりやすいFMEA・DRBFMの実施方法
・講師著書「本気で取り組むFMEA」(日刊工業新聞社・2018年6月)をお渡しします。
・講師作成のFMEA・FRBFMの資料(Excel、pdf)等をセミナー後、ご希望の方に講師より配信します。
__________________________________________________________

2日目【FTA編】
・FTAの有効活用、未然防止に役立つやり方
・効率良いFTA実施方法
・講師作成のFTA資料(Excel、pdf等)をセミナー後、講師よりご希望の方に配信します。
趣旨
1日目【FMEA・DRBFM編】
 不良や事故・故障などの未然防止の道具としてFMEA・DRBFMがありますが、単にデザインレビューの資料としてコピーペーストして作成することや、顧客要求のために後付けで作成しているなどを含め、そもそもの使い方を間違っていることが散見されます。
 FMEAとは、トヨタ流の未然防止手法のDRBFMとは、そして未然防止とは、それらをはっきりと理解することが必要です。
「FMEAをやっているのだけれども効果があがらない」という声もよく聞きます。「過去の事故や不良についてFMEAに記載している」といった間違った認識もあります。重点化できずに広く浅いことや、実施時期も適切でないことから効果がでていないこともあります。本来のあるべき姿、効率良い実施方法について事例を通し解説します。
 FMEAの効率化として、インタビューFMEAを提唱しています。日刊工業新聞社の月刊誌「機械設計」にて2016年5月号から9月号まで連載(本年6月・日刊工業新聞社より書籍出版)、その内容も含め、解説します。
 本当に役に立つ、やってよかったというFMEAやDRBFMを効率よく実施しましょう。

__________________________________________________________

2日目【FTA編】
 不良や事故・故障などの未然防止の道具としてFTAがあり、FMEA・DRBFMとともに注目されていますが、FMEA・DRBFMとの違い、使い方がはっきりしないまま有効活用されていないことが多く見られます。問題解決の道具としても注目されていますが、QC7道具、なぜなぜ分析、比較分析法など、それぞれの使い分けもできていないことが散見されます。
FMEA・DRBFMとの違いを理解することで、FMEA・DRBFMの有効活用にも役立ちますし、他の技法と関連、連動して使うことにより、より有効に活用できます。それらの関係、FTAへの有効活用について解説します。
 本当に役に立つ、やってよかったというFTAをやりましょう。
プログラム
各日の詳細プログラムは、以下よりご高覧ください。
1/28(火)
FMEA・DRBFMのあるべき姿、その使い方と効率の良い作成法~
https://www.rdsc.co.jp/seminar/200151

1/29(水)
FTA(不良の木解析)入門と有効的実践活用法
https://www.rdsc.co.jp/seminar/200152


お申込みについて
2日間お申込みされる際には、当ページよりお申込みください。
どちらか1日のみご参加の際には、上記リンク先よりそれぞれお申込みください。

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ