ホーム > セミナー > 低損失・高効率化を実現する磁性材料の選定と最適活用技術

モータの高効率化には欠かせない磁性材料の評価と最適な選定・活用法を解説。
実際のモータ・変圧器鉄心内の磁気特性の挙動とは? ベクトル磁気特性解析を活用した鉄心最適設計例なども紹介。

低損失・高効率化を実現する磁性材料の選定と最適活用技術

~ ベクトル磁気特性の活用ノウハウ ~

セミナー概要

略称
磁性材活用
セミナーNo.
st180801  
開催日時
2018年08月01日(水)10:30~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
きゅりあん 5F 第3講習室
講師
ベクトル磁気特性技術研究所 代表 / 大分大学 名誉教授 / 日本文理大学 特任教授
工学博士 榎園 正人 氏

【簡易略歴】
1978年 九州大学大学院工学研究科電気工学専攻博士課程修了(工学博士)
1986年~1987年,2004年ドイツ アレクサンダー・フォン・フンボルト招聘研究員、
国立物理工学総合研究所(PTB)で「ベクトル磁気特性に関する研究」に従事
1995年~2014年大分大学工学部教授
2008年~2011年 日本AEM学会会長
2008年1月~2012年12月 
JST地域結集研究開発事業「次世代電磁力応用機器開発技術の構築」代表研究者
2014年ベクトル磁気特性技術研究所設立/大分大学名誉教授/日本文理大学特任教授
2018年10月~12月 ドイツ アーヘン工科大学招聘教授
【主な受賞】
2007年 ISEM Award(ISEM international Committee)
2008年 大分大学学長表彰
2013年 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 
2013年 日本AEM学会賞功労賞
価格
非会員: 48,600円(税込)
会員: 46,170円(税込)
学校関係者: 48,600円(税込)
価格関連備考
48,600円 (会員受講料 46,170円 )
定価:本体45,000円+税3,600円
会員:本体42,750円+税3,420円
【2名同時申込みで1名分無料キャンペーン!(1名あたり定価半額の24,300円)】
 ※2名様とも会員登録をしていただいた場合に限ります。
 ※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
 ※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
 ※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
 ※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
  (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
 ※他の割引は併用できません。
備考
※資料・昼食付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。
※講義中のパソコン使用はキーボードの打音などでご遠慮いただく場合がございます。

講座の内容

受講対象・レベル
高効率モータの開発に興味のある方
習得できる知識
ベクトル磁気特性、高効率モータ、鉄損、電磁鋼板、ヒステリシス損、渦電流損
趣旨
 モータ、変圧器等の電気機器の低損失化による高効率化を図るため、電磁鋼板を中心とする磁性材料の評価、分析 による有効・活用技術について解説する。この技術の基本はベクトル磁気特性であるがこれは従来の考え方を見直し、再構築したものである。そのため、これまでの考え方の問題点について、明らかにし、その解決方法について検討する。電気機器の低損失・高効率化は単純に材料の入れ替えで果たせない。高機能電気機器を産み出すには高機能磁性材料をどのように選択し、使いこなすかが重要である。
プログラム
1.高分子材料分析における熱分解分析法の位置づけ
 
2.熱分解GC/MSの基礎
 2.1 測定システムの基本特性
 2.2 測定条件の最適化と測定システムの保守・点検
 
3.熱分解GC/MSの実用材料分析への応用
 3.1 高分子の識別・同定
 3.2 共重合体の組成分析
 3.3 高分子の微細構造解析
  a. 共重合体の連鎖構造・連鎖分布解析
  b. 立体規則性の解析
  c. 末端基および平均分子量解析
  d. 樹脂の硬化挙動解析
  e. 経年劣化およびリサイクリング工程における構造変化の解析
 
4. 化学反応を加味した熱分解法による高分子分析
 4.1 ポリエステルの精密組成分析
 4.2 ポリカーボネートの末端基及び共重合組成分析
 4.3 分岐・架橋・異常構造解析
 4.4 紫外線硬化樹脂の組成・硬化度及びネットワーク構造解析
 4.5 樹脂中の高分子量光安定剤の定量
 
5.発生ガス分析-質量分析法(EGA-MS)による高分子材料分析

 5.1 EGA-MSの原理と特徴
 5.2 高分子配合材の成分別分析
 5.3 二段階熱分解法による添加剤及び素材高分子の分析
 5.4 高分子ブレンド・ナノコンポジットの相溶・分散状態の解析
 5.5 高分子材料の難燃化機構の解析
 
6.最新のトピックス
 6.1 高分解能質量分析計による精密質量測定
 6.2 光照射プローブ
 6.3 タンデムリアクター
 6.4 組成および化学構造の分子量依存性解析
 
□ 質疑応答 □

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ