ホーム > セミナー > 車載用電力変換技術(パワーエレクトロニクス)の動向とその高電力密度化技術【LIVE配信】

小型を維持しながら大容量な電力変換システムを実現するには
各車種のパワエレ部の特色、工夫等を探る

車載用電力変換技術(パワーエレクトロニクス)の動向とその高電力密度化技術【LIVE配信】

~インダクタ・トランスの基本~

※WEBセミナーに変更になりました(6/30更新)

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
車載用電力変換【WEBセミナー】
セミナーNo.
st200405  
開催日時
2020年07月29日(水)13:00~16:30
主催
サイエンス&テクノロジー(株)
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 44,000円(税込)
会員: 33,440円(税込)
学生: 44,000円(税込)
価格関連備考
通常価格:1名につき 44,000円(税込)
会員価格:1名につき 33,440円、2名の場合、44,000円、3名の場合、66,000円(左記すべて税込価格)

※会員価格はすべての受講者の会員登録が必須となります。
備考
※資料付
※講義中の録音・撮影はご遠慮ください。

【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】
・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は事前にお申し込み時のご住所へ発送させて頂きます。
・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、
  ご了承下さい。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

講座の内容

趣旨
 Co2排出削減のため自動車は内燃駆動から電動化が急速に進んでいる。特に、 ハイブリット自動車、48Vマイルドハイブリット自動車、プラグインハイブリット自動車、電気自動車、燃料電池車へと自動車の形態が移り変わっていく中で、より小型を維持したままで大容量な電力変換システムが要求される。電力変換器を小型化する上ではこうした中で、近年においては各電動化車両においては磁気部品の工夫による体格低減を試みが散見される。
 そこで、本セミナーではまず近年の車載用変換器に用いられているインダクタ・トランスの最新動向について触れ、その後、誰でもわかるように磁気部品に関する基本理論から解説し,、その理論を用いた応用設計(結合インダクタ・結合トランス)へ議論を展開する。後半では、ワイドバンドギャップ半導体による高周波駆動化とソフトスイッチング技術による変換器の高電力密度化の可能性について述べる。特に、高周波駆動化を実施する上では、“周辺の受動素子への対応”と“ノイズ増大”が問題となる。そこで、受動素子とノイズの基本について述べ、これらの最新技術動向について解説する。
プログラム

1.車載用電力変換器に搭載されるDC‐DCコンバータ用磁気部品の最新動向
 1.1 Co2削減に向けたパワーエレクトロニクス全般の技術動向
 1.2 ハイブリッド自動車(HEV)
 1.3 マイルドハイブリット自動車(MHEV)
 1.4 プラグインハイブリット自動車(PHEV)
 1.5 電気自動車(EV)
 1.6 燃料電池車(FCV)

2.磁気部品の小型軽量化が可能な高電力密度変換用磁気部品の設計方法
 2.1 磁気回路法の基本
 2.2 非絶縁DC/DCコンバータ用の応用設計例と実証評価(結合インダクタ)
 2.3 絶縁DC/DCコンバータ用の応用設計例と実証評価(結合トランス)
 2.4 マルチフェーズLLC共振型コンバータのトランスによる電流バランス化技術

3.化合物パワー半導体による高周波化+ソフトスイッチング技術による高電力密度化
 3.1 ワイドバンドギャップ半導体適用による電力変換器の小型軽量化
 3.2 ソフトスイッチング技術の基本
 3.3 化合物パワー半導体とペアリングとなる受動素子
 3.2 ノイズの基本

4.セミナーのまとめと今後に向けた提言

  □質疑応答□

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ