ホーム > 書籍 > ひと見守りテクノロジー

ひと見守りテクノロジー

~遠隔地の高齢者を中心とした、異変察知の機器開発から各種事例、次世代展望まで~

少子高齢化・核家族化が進むわが国での遠隔地における屋内の高齢者を中心とした、ひとの異変察知はもとより、察知後の適切な対処、さらには異常や危険を予測して未然に防ぐなど、「QOL」の高い確かな見守り技術の開発動向を紹介!

商品概要

略称
ひと見守りテクノロジー
商品 No.
bk3298
発刊日
2017年09月22日(金)
ISBN
978-4-86043-513-4
体裁
B5版 230頁
価格
32,400円(税込)
発行
(株)エヌ・ティー・エス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
著者
板生清   東京大学名誉教授/特定非営利活動法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構理事長
三林浩二   東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授
間瀬淳   九州大学グローバルイノベーションセンター名誉教授/
          福岡工業大学エレクトロニクス研究所研究員
石澤広明   信州大学先鋭領域融合研究群国際ファイバー工学研究所教授
児山祥平   信州大学先鋭領域融合研究群国際ファイバー工学研究所助教
野村健一   国立研究開発法人産業技術総合研究所フレキシブルエレクトロニクス研究センター主任研究員
熊木大介   山形大学有機材料システム研究推進本部准教授/株式会社フューチャーインクCTO
土屋和彦   山形大学有機材料システム研究推進本部プロジェクト研究員
時任静士   山形大学有機材料システム研究科教授
        株式会社フューチャーインク代表取締役(CEO)
内田大輔   株式会社富士通研究所フロントテクノロジー研究所
阪田雅人   株式会社富士通研究所フロントテクノロジー研究所
森達也   株式会社富士通研究所次世代医療研究所
前田一穂   株式会社富士通研究所次世代医療研究所
猪又明大   株式会社富士通研究所次世代医療研究所イノベーションディレクター
小栗宏次   愛知県立大学情報科学部教授
大槻知明   慶應義塾大学理工学部情報工学科教授
橘素子   沖電気工業株式会社情報・技術本部研究開発センターイノベーション推進室研究員
長尾憲明   株式会社イデアクエスト商品開発部部長
田中博   神奈川工科大学情報学部教授/学科長
渡邊晃   名城大学理工学部教授
島吉翔太   立命館大学情報理工学研究科/(現)三菱電機株式会社
梶原祐輔   立命館大学情報理工学部情報システム学科特任助教
島川博光   立命館大学情報理工学部情報システム学科教授
鳥居暁   ボクシーズ株式会社代表取締役
佐野武   特定非営利活動法人つくしん棒理事長
山岡勝   パナソニック株式会社ビジネスイノベーション本部プロジェクト推進室総括担当
大西聡明   パナソニック株式会社アプライアンス社カンパニー戦略本部事業開発センター課長
増田健司   パナソニック株式会社アプライアンス社カンパニー戦略本部事業開発センター主務
小林匠   横浜国立大学未来情報通信医療社会基盤センター産学官連携研究員
中田康之   株式会社富士通研究所次世代医療研究所
駒場祐介   株式会社富士通研究所次世代医療研究所
堀田真路   株式会社富士通研究所次世代医療研究所
笹本勇輝   株式会社富士通研究所次世代医療研究所
鷲澤史歩   株式会社富士通研究所次世代医療研究所
柳沼義典   株式会社富士通研究所次世代医療研究所所長
小木哲朗   慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科教授
小川晃子   岩手県立大学社会福祉学部教授
書籍・DVDの内容
序論 ウェアラブル・IoT 時代の人間モニタリング 板生 清
   1.日本のお家芸のメカトロニクスを人間社会へ拡張する
   2.ウェアラブルとは
   3.ウェアラブル時代の到来
   4.健康情報システムの開発
   5.ウェアラブルセンサによる高齢者の見守り
   6.環境ウェアラブルの時代へ
   7.高齢者に役立つウェアラブルの近未来像

第1章 生体情報の見守り
 総説 無拘束・非侵襲技術による見守り生体バイオ計測 三林 浩二
   1.はじめに
   2.非侵襲計測のためのキャビタス( 窩腔)センサ
   3.生体ガス( 呼気,皮膚ガス)の高感度バイオ計測
   4.おわりに
 第1節 マイクロ波・ミリ波を用いた生体情報計測 間瀬 淳
   1.はじめに
   2.マイクロ波アクティブセンサの例
   3.バイタル信号の例
   4.まとめ
 第2節 光ファイバセンサによる生体情報センシング 石澤 広明,児山 祥平
   1.はじめに
   2.FBGセンサシステム─検知原理とバイタルサイン計測
   3.FBGセンサのバイタルサイン測定への応用
   4.拘束感の少ないウェアラブルシステム
   5.おわりに─ひと見守りテクノロジーへの展望
 第3節 シート状非接触式人感センサを用いた生体情報検出への可能性 野村 健一
   1.はじめに
   2.シート状非接触式人感センサ
   3.センサの特性評価
   4.見守りへの応用
   5.実用化への課題
   6.まとめ
 第4節 有機トランジスタ型フレキシブル生体センサ 熊木 大介,土屋 和彦,時任 静士
   1.はじめに
   2.乳酸検出の目的
   3.有機トランジスタ型乳酸センサの構造と検出メカニズム
   4.酸のセンシング
   5.他の構成酵素電極との特性比較
   6.印刷型生体センサの開発
   7.おわりに
 第5節 顔画像から脈拍検出 内田 大輔,阪田 雅人,森 達也,前田 一穂,猪又 明大
   1.概 要
   2.背 景
   3.開発技術
   4.原 理
   5.適用評価
   6.まとめ
 第6節 5W1H生体情報解析に基づく人の状態の視える化技術 小栗 宏次
   1.生体情報と人体
   2.5W1H生体情報解析に基づく状態の視える化技術の紹介

 
第2章 行動の見守り
 総説 行動を見守る要素技術 大槻 知明
   1.はじめに
   2.行動を見守る
   3.位置推定技術
   4.電波センサ
   5.むすび
 第1節 マイクロ波電波センサを用いた高齢者の見守り 橘 素子
   1.はじめに
   2.マイクロ波電波センサの特徴
   3.マイクロ波電波センサの適用例
   4.まとめ
 第2節 非接触・無拘束ベッド見守りシステムOWLSIGHT®(アウルサイト) 長尾 憲明
   1.はじめに
   2.ベッド見守りシステムOWLSIGHT®の特長
   3.OWLSIGHT®の簡単な原理と概要
   4.OWLSIGHT®の見守り判定の仕組み
   5.OWLSIGHT®の様々な機能
   6.当社のロボット介護機器に対する今後の展望
   7.まとめ
 第3節 音波センサによる行動検知 田中 博
   1.はじめに
   2.音による位置の検出原理とシステム構成
   3.位置検出の主要技術
   4.実験による確認
   5.まとめ
 第4節 スマートフォンによる生活支援システムTLIFES 渡邊 晃
   1.まえがき
   2.TLIFES
   3.TLIFESで明らかになった課題とその解決策
   4.まとめ
 第5節 輝度分布センサによる行動の可視化 島吉 翔太,梶原 祐輔,島川 博光
   1.はじめに
   2.輝度分布センサ
   3.IADLの識別
   4.IADLの丁寧さ判定
   5.おわりに


第3章 環境の見守り
 第1節 照明による生活見守り「つながるライト」 鳥居 暁
   1.はじめに
   2.つながるライトの概要
   3.つながるライトの高齢者見守りの実証実験
   4.今後の展開とまとめ
 第2節 水道の使用状況による見守り 佐野 武
   1.はじめに
   2.目 的
   3.KIZUKI®の概要
   4.ねらいと効果
   5.KIZUKI®で期待すること
   6.KIZUKI®が出来る事
   7.KIZUKI®の展望
   8.おわりに
 第3節 湿度・温度管理による見守り 山岡 勝,大西 聡明,増田 健司
   1.はじめに
   2.提供サービス
   3.IoT家電/センサによる状態把握手段
   4.まとめ


第4章 次世代展望
 第1節 見守り支援のためのボディエリアネットワーク 小林 匠
   1.見守り支援のためのボディエリアネットワーク
   2.ボディエリアネットワーク
   3.近距離無線ネットワーク・BANとPANの位置づけ
   4.高齢者見守りサービスの現状とBANの活用
   5.無線BANを利用したバイタルセンサとその応用例
   6.セキュリティ
   7.バイタルセンサを用いた見守りサービスや研究開発事例
   8.まとめ・将来展望
 第2節 IoTを駆使した見守りテクノロジー「データ医療」
    中田 康之,駒場 祐介,堀田 真路,笹本 勇輝,鷲澤 史歩,柳沼 義典,猪又 明大
   1.概 要
   2.背 景
   3.データ医療
   4.開発技術
   5.適用事例
   6.まとめ
 第3節 ライフログ 小木 哲朗
   1.ライフログの利用
   2.健康ライフログプロジェクト
   3.ライフログの今後
 第4節 「お元気発信」を活用した孤立防止と生活支援型コミュニティづくり─社会技術としての重層的見守り 小川 晃子
   1.高齢者の能動的な安否情報発信「お元気発信」の開発
   2.ICTを活用した生活支援型コミュニティづくり
   3.重層的見守り
送料
当社負担(国内)

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ