ホーム > セミナー > アンテナの設計と測定技術 入門講座

理解しているようで理解できていないアンテナの基礎から実際の設計、測定技術までを毎回好評の講師が分かりやすく解説する!

アンテナの設計と測定技術 入門講座

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
アンテナ設計
セミナーNo.
161141  
開催日時
2016年11月16日(水)10:00~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
昼食・資料付

講座の内容

趣旨
 現在の無線通信機器は,電子回路がICかモジュール化されているため,技術者の設計というと,アンテナ設計と,そのアンテナと電子回路間のインピーダンス整合が主となっている.そのため,企業ではアンテナの設計を,とても重視している.
 アンテナ設計というと難しい電磁気学をイメージするが,目に見えない電波を扱う電磁気学の式は難解なものが多い.しかし,その数式とその式が示す物理現象が結びつくと,電磁気学の難解な式も難しいものではなくなってくる.
 講師は30年のアンテナ設計の実務経験から,これだけ知っておけばアンテナを設計できるという内容を整理し,大学で講義(15回)を担当している.
 本セミナーでは,大学での講義内容を,さらに要点を絞り込んだ.1日でアンテナについて理解をしたいという方々に,ぜひ,聴いていただきたい.
 
プログラム
はじめに

1. アンテナ設計を学ぶ前に
 1-1. 数学と物理を結びつける
 1-2. 中学生がわかった波動方程式

2. RFID から学ぶインピーダンスの概念
 2-1. 日本の RFID の生い立ち
 2-2. RFIDの動作原理

3. インピーダンスとは
 3-1. インピーダンスと共振の関係
 3-2. スミスチャートとは
 3-3. 特性インピーダンスとは

4. 難しい式・・・実は簡単だった 
 4-1. そもそも磁界と電界って何か?
 4-2. 高校生がわかった Maxwell の方程式

5. 伝送路とアンテナ
 5-1. アンテナが電波を放つ
 5-2. アンテナからわかる雑音発生のメカニズム

6. アンテナの設計
 6-1. 平衡型アンテナと不平衡型アンテナ
 6-2. アンテナの利得を正しく理解しよう
 6-3. デシベルについて,改めておさらい
 6-4. ダイポールアンテナの設計
 6-5. インピーダンス整合回路
 6-6. 平面アンテナの設計
 6-7. 円偏波アンテナの設計

7. アンテナの測定技術
 7-1. 給電点インピーダンスの測定
 7-2. アンテナの利得の測定
 7-3. アンテナの放射パタンの測定
 7-4. アンテナの電流分布の測定

【質疑応答・名刺交換】
キーワード
アンテナ,RFID,インピーダンス,伝送,ダイポール,設計,測定,基礎,入門,研修,講座

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ