イノベーションを創造するコア技術の見える化と特許情報活用【LIVE配信】
~R&D現場が実践するコア技術戦略~

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

セミナー概要
略称
コア技術の見える化【WEBセミナー】
セミナーNo.
211279
開催日時
2021年12月22日(水) 10:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
(株)ケミストリーキューブ 代表取締役 イノベーションコンサルタント 平木 肇 氏
<略歴>
1992年筑波大学を卒業、シャープ(株)入社。
 エンジニアとして先端電子デバイスの研究開発・製品開発・生産技術開発に取り組む。
 通産省(当時)主幹の次世代研究プロジェクトに参画。
1999年(株)日本能率協会コンサルティング入社。
 14年間にわたり、技術経営(MOT)、イノベーションマネジメント、
 研究開発(R&D)マネジメントを主領域としたコンサルティングに従事。
2014年(株)ケミストリーキューブ設立。
 “技術人材の知恵を、価値を創り出す力に変える”をコンセプトとして、
 ものづくり企業・技術系企業の技術力の強化と人材の開発を支援している。

--------------------------------------------------------------------------------------------

(株)ケミストリーキューブ エグゼクティブコンサルタント 葉山 秀樹 氏
<略歴>
1981年名古屋大学を卒業、日東電工(株)入社。
 エンジニアとして水処理用膜モジュールの製品開発、企画、市場開発などに取り組む。
 その後、経営企画、新規事業推進部門、技術企画部門において、
 新規事業・技術の企画立案、オープンイノベーションなどを担当。
2007年から特許情報を活用した新規テーマの探索プロセスの開発と社内コンサルティングを推進。
2016年、ワイズ特許サービス株式会社で顧問として特許の活用を進める。
2017年より株式会社ケミストリーキューブにて、 
 自社の強み技術を核にした新商品・新用途創造手法の技術開発に取り組んでいる。
 
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  44,000円 (本体価格:40,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
・1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
・3名以降は一人当たり定価の半額となります。
<※2名以上でお申込の場合は1名につき27,500円(税込)>
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
習得できる知識
・イノベーションを生み出す力を高めるR&D自己変革の考え方とポイント
・自社技術の見える化のフレームワークと実践ノウハウ
・特許情報を活用した新商品・新用途の探索・企画のフレームワークと実践ノウハウ
趣旨
 これまでの事業活動・研究開発活動の中で蓄積してきた強み技術を核にしてイノベーションを生み出すコア技術戦略は、ものづくり企業・技術系企業が成長する、ひいては生き残っていくための基本戦略の一つといっても過言ではありません。しかし、その推進を担うR&D現場では、「自社のコア技術が見える化・共有化されていない」「コア技術戦略を実践するための組織プロセスが整備されていない」「イノベーションを探索・構想できる人材が育っていない」などの悩みを抱えているケースも多く見られます。
 本セミナーでは、「R&D現場が実践するコア技術戦略」をテーマとして、コア技術の見える化と特許情報を活用したイノベーションの探索・構想の進め方について株式会社ケミストリーキューブが開発した実践手法をもとに解説します。
プログラム

1.コア技術戦略とは
 1-1.ものづくり企業を取り巻く変化と危機感
 1-2.イノベーションとは、価値の創造と具現化である
 1-3.変化するR&Dへの期待
 1-4.現場の悩み ~期待と現実のギャップ~
 1-5.R&D自己変革へむけて
 1-6.コア技術戦略のコンセプトとフレームワーク

2.コア技術の見える化 
 2-1.なぜ技術マネジメントは難しいのか
 2-2.技術は多義性をもった概念である
 2-3.技術をどう捉えるか ~技術の5階層モデル~
 2-4.コミュニケーションギャップの本質
 2-5.技術創造のUモデル
 2-6.技術の棚卸は役に立たない? ~可視化と見える化の違い~
 2-7.技術の見える化の鍵は「構造化」
 2-8.価値を起点とした技術の構造化手法iMap アイマップ®
 2-9 iMap アイマップ®の実践ステップ
 2-10.コア技術は、事業の競争優位の核となる強み技術
 2-11.コア技術特定のフレームワーク
 2-12.技術の展開 ~iMap アイマップ®を活用したイノベーション構想~

3.特許情報を活用した新商品・新用途企画
 3-1.なぜ、特許情報を活用するのか? 
 3-2.特許情報からわかること(1)業界全体の情報、自社の情報
 3-3.特許情報からわかること(2)技術の構造化観点での活用
 3-4.事業観点での特許情報活用原則~ヒントにする、仮説検証、総合的活用
 3-5.新商品・新用途企画における仮説とは?
 3-6.コア技術(iMap)の設定
 3-7.特許情報用途候補の抽出~コア技術をキーワードとした特許の検索
 3-8.特許情報を活用した用途候補の検証
 3-9.発明への活用
 3-10.その他の特許情報を活用したイノベーションフレームワーク
 3-11.特許庁提唱IPランドスケープにおけるプロセスの位置づけ
3-12. 情報活用のための心得、基本技術

4.活動の展開
 4-1.単発の活動で終わらせては意味がない
 4-2.真の狙いはイノベーションを生み出す組織文化づくり
 4-3.イノベーションを促進する文化、阻害する文化
 4-4.スモールスタートで自社なりのプロセスをつくる 
 4-5.失敗を許す活動にする
 4-6.やってみることの大切さ
 4-7.組織文化づくりは経営者の役割

5.実践事例の紹介
 

スケジュール
昼食の休憩時間12:00~12:45を予定しております。
キーワード
コア技術,戦略,見える化,特許情報,新商品,IPランドスケープ,セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索