☆本セミナーでは音響メタマテリアルの研究・開発・設計の基本的な手法から研究開発の現状まで紹介します。

音響メタマテリアルの基礎から応用まで【LIVE配信】

※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

セミナー概要
略称
音響メタマテリアル【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2022年07月07日(木) 12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
大阪公立大学 工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 航空宇宙工学分野
教授 博士(科学) 森 浩一 氏

【ご専門】航空宇宙推進工学・気体力学
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  44,000円 (本体価格:40,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
・1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

10名以上で同時申込されるとさらにお得にご受講いただけます。
お申込みご希望の方は 【こちら】からお問い合わせください。

会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。

2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。

3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
音響メタマテリアルの研究・開発に興味のあるor取り組み始めている技術者
必要な予備知識
大学や高専で機械力学の基礎を学んだ方なら理解できる内容です。特に振動工学の基礎を理解していることが望ましいですが、振動工学の基礎から解説するので、予備知識がない方でも理解可能です。
習得できる知識
音響メタマテリアルの研究開発の現状に関する知識を得ることができる。さらに、音響メタマテリアルの研究・開発・設計の基本的な手法を習得することができる。
趣旨
 メタマテリアルとは、従来の物質では不可能な物性を実現する人工物質です。2000年頃から電磁メタマテマテリアルの基礎研究が活発に行われるようになりましたが、最近では、産業界初の実用的な音響メタマテリアルの提案が注目を集めるようになっています。
 本セミナーでは、騒音遮蔽を目的とするストップバンド型音響メタマテリアルを主題として、騒音遮蔽の基礎理論から出発し、音響メタマテリアルの基礎理論、その実験研究の方法およびその結果、メタマテリアルの実装・応用に至るまでを解説します。また、他の種類の音響メタマテリアルに関しても、研究開発の現状を紹介します。
 本セミナーを通して、音響メタマテリアル開発に取り組む素地を習得することが目的です。
プログラム

1. メタマテリアルとは何か?
 1-1. 代表的なメタマテリアル構想
 1-2. 音響メタマテリアル
 1-3. 流体メタマテリアル

2. 騒音遮蔽の技術
 2-1. 騒音遮蔽の基礎理論I
 2-2. 騒音遮蔽の実験
 2-3. 航空宇宙における騒音問題
 2-4. 騒音遮蔽の基礎理論I I
 2-5. 吸音材

3. 音響メタマテリアルの基礎理論
 3-1. ストップバンド型音響メタマテリアル
 3-2. そのほかのユニットセルデザイン
 3-3. 変換光学
 3-4. 音響メタマテリアルのシミュレーション・実験の方法

4. 音響メタマテリアルの研究事例
 4-1. ストップバンド型遮音材
 4-2. 音響ブラックホール
 4-3. 音響メタマテリアルによる音源定位の方法

5. まとめ

【質疑応答】

キーワード
メタマテリアル,騒音,音響,振動工学,研究,開発,設計,WEB,オンライン,セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連するタグ
フリーワード検索