ホーム > セミナー > ARヘッドマウントディスプレイの開発動向

ARヘッドマウントディスプレイの開発動向

※日程が変更になりました(2/8更新)

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
ヘッドマウントディスプレイ
セミナーNo.
jms180202  
開催日時
2018年04月24日(火)09:55~16:30
主催
(株)ジャパンマーケティングサーベイ
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
会場未定 ※決まり次第アップいたします
価格
非会員: 53,784円(本体価格:49,800円)
会員: 53,784円(本体価格:49,800円)
学校関係者: 53,784円(本体価格:49,800円)
価格関連備考
1名様 49,800円(税別)テキスト及び昼食を含む

講座の内容

趣旨
AR(拡張現実)技術の現状と将来展望、及びARにおけるホログラム技術と、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)やヘッドアップディスプレイ(HUD)への応用について詳細に解説して頂くことにより、本業界に関わる方々のビジネスに役立てて頂くことを目的とします。
プログラム

1. AR-HMDの開発動向

10:00~13:30(※途中昼食休憩あり)
  1. ホログラム技術の基礎
   1-1 ホログラフィとは
   1-2 記録再生の基本原理と特徴
   1-3 ホログラム作成技術

  2. 記録材料
   2-1 材料に求められる性能
   2-2 代表的な記録材料

  3. AR技術の概要
   3-1 ARの位置づけ
   3-2 ARの代表的な方式
   3-3 ARにおけるホログラム技術

  4. ホログラム技術のHMD応用
   4-1 HMDの基本原理
   4-2 基本光学設計
   4-3 実用化の課題

  5. 最近のAR技術の進展
   5-1 AR-HUDの最新開発動向
   5-2 今後の展望

  6. HUD実用化の意義
   6-1 車載ディスプレイの課題
   6-2 HUDシステムの有効性と市場動向
   6-3 車載HUDの制約条件

  7. HUDの車載実装
   7-1 HUDの基本構成と仕様
   7-2 ホログラムHUDの特徴と実装上の問題

  8. HUDの開発動向と今後の展望
   8-1 HUDの最新開発動向
   8-2 実用化に向けた今後の課題

  

2. AR技術の現状と将来展望

13:30~16:30

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ