ホーム > セミナー > 市場を支配し、高収益を産むための「先読み」「先回り」「先取り」戦略

市場を支配し、高収益を産むための「先読み」「先回り」「先取り」戦略

~高収益企業クアルコムに学べ!バリューチェーンを支配し10年先まで勝つ方法~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

セミナーNo.
111204  
開催日時
2011年12月13日(火)10:30~16:30
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第1会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,500円(税込)
価格関連備考
・1名につき47,250円(税込、資料付き)
※大学生、教員のご参加は、1名に付き受講料10,500円です。(ただし、企業に在籍されている研究員の方は除きます。)
特典
・2名同時にお申し込みいただいた場合、2人目は無料(2名で49,980円)※ただし、2名とも案内登録をしていただいた場合に限ります。

講座の内容

趣旨
【受講対象】
・材料メーカー、部品メーカーの経営者
・知財部門、研究開発部門、企画部門のリーダー/担当者
・MOTに興味がある方
・起業、新規事業の立ち上げを考えている方

【受講に必要なスキル】
特許に関する基礎知識を持つことが好ましい(必須ではない)

【講座のポイント】
 「新しい飯の種を考えろ」。どの企業においても、これが永遠の課題である。しかし、今から2年先3年先を考えても、殆どの場合はすでに他社が先行している。
 今実現している新規のデバイスについては、基本的な原理やアイデアは10年以上前から検討されているモノがほとんどである。かといって、実現するかどうか分からないようなものを、手当たり次第に次々と研究するわけにもいかない。そこで「先読み」とそれに対するファーストアクションが重要となる。まず重要なのは、「何を先読みするか」である。
 企業は通常、自社の技術の延長線上で未来予測をし、研究テーマを決めがちであるが、ポイントは、「エンドユーザ」の未来を予測し、そして次にファーストアクションとして「サービス」「製品全体」「エンドユーザを包囲する」「バリューチェーン全体」の権利(特許)を、アイデア・コンセプトとして包括的に、あらかじめ取得することである。これを私は「先読み」の「バリューチェーン特許」戦略と呼ぶ。特許による技術的優位性の確保という間接的な方法ではなく、ダイレクトに市場を支配するために特許を取得するのである。
 10年先に勝てるかどうかは「先読み」と「バリューチェーン特許」戦略にかかっている。本セミナーでは、携帯端末用通信モジュールで圧倒的なシェアと高収益を誇るクアルコムの事例を中心に、長期間にわたり高収益を確保するために必要な戦略の立て方の他、従来の経営学のフレームワーク(3C、5Fなど)に知財戦略を組み込み、具体的な活動に落としこむための考え方を紹介する。
プログラム
1.バリューチェーンと特許戦略
  1-1.アップルが証明した「アイデア」がもたらす高収益~日銀総裁講演の意味
  1-2.3C、5F分析を特許戦略上の「具体的アクション」に結びつける
  1-3.クアルコムのビジネスモデル~Enablerという「市場支配者」
  1-4.高収益企業の出願動向からわかる「ある秘密」
  1-5.マイクロソフト「発明研究所」の意味~ビジネスエコシステムを「知財」で支配する
2.「先読み、先出し、先取り」の技法
  2-1.自社の技術の先読み?ではない「先読み」
  2-2.ユーザー、製品、サービスの先を読め
  2-3.人口とその構成が全て
  2-4.完成品メーカーは、発展するサービスとの接点を考える
3.「課題」に注目する
  3-1.現在の課題は、すでに解決が提案されている~課題で整理すると「込み具合」がわかる
  3-2.解決されたあとの世界を考える~ニッチな特許、特異点
  3-3.新しい「課題」で押さえる~空白を「見る」技術
  3-4.決め手は「課題」の先読み~「頭脳」を投入すべきポイント
4.「先読み」の深化
  4-1.一度課題に戻す~思いつきも「既存技術」
  4-2.代替案の「切り口」を出す~「概念化」
  4-3.「課題抽出」「概念化」と「具体化」~ロジカルシンキングサイクルを徹底する

関連するセミナー

関連する通信講座

関連するタグ