ホーム > セミナー > パウダー化粧品の処方設計の基礎と安定性試験の進め方

パウダー化粧品の人による感覚的評価のギャップとは?

パウダー化粧品の処方設計の基礎と安定性試験の進め方

~メイクアップ製品の研究が初めての方、これから始める方向けの入門編です~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
パウダー化粧品
セミナーNo.
190711  
開催日時
2019年07月25日(木)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第6展示室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
  また、当日学生証をご持参ください。
備考
資料付

講座の内容

習得できる知識
1.パウダー製品の基礎知識
2.パウダー製品の処方設計の基礎知識と感覚的評価
3.パウダー製品の安定性試験方法
趣旨
 メイクアップ製品の評価はつけ心地や発色から化粧持ちまで1日を通して感覚的に評価される製品です。
 その中でも今回はパウダー製品に重点を置き、使用する原料や処方開発の基礎、消費者(OEM依頼者)の感覚的な評価と処方の設計のポイントや安定性試験についてお話します。
 メイクアップ製品の研究が初めての方、これから始める方向けの入門編です。
プログラム
 1.はじめに

 2.パウダー製品に使われる原料とは
  2−1 体質顔料
  2−2 白色顔料
  2−3 着色顔料
  2−4 複合顔料
  2−5 その他

 3.パウダー製品の成型
  3−1 乾式成型
  3−2 湿式成型

 4.パウダー製品の剤型別処方設計の基礎
  4−1 ルースパウダー
  4−2 パウダーファンデーション
  4−3 リキッドファンデーション
  4−4 オイルファンデーション
  4−5 チーク・ハイライト・アイシャドウ

 5.パウダー製品の人による感覚的評価のギャップ
  5−1 ルースパウダー
  5−2 パウダーファンデーション
  5−3 リキッドファンデーション
  5−4 オイルファンデーション
  5−5 チーク・ハイライト・アイシャドウ

 6.パウダー製品の安定性試験について
  6−1 温度による安定性
  6−2 光による安定性
  6−3 落下による安定性

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
化粧品,開発,処方,安定性,過酷試験,パウダー化粧品,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ