ホーム > セミナー > 統計学が専門でない人向けのサンプルサイズ設定演習<PC実習付き>

~サンプルサイズ設定の原理,考え方,定め方,設定根拠の示し方~

統計学が専門でない人向けのサンプルサイズ設定演習<PC実習付き>

数式をほとんど扱いませんので,統計の専門でない方々にも,安心して参加していただけます!

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
症例数設定演習
セミナーNo.
190815  
開催日時
2019年08月22日(木)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第5展示室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問

■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
持参物
※PC実習付きセミナーとなっておりますので、PCをご持参ください
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
医薬品,医療機器,食品,化粧品メーカー,大学や病院等で,臨床試験に携わっている方
趣旨
サンプルサイズ設定は,臨床研究・臨床試験の計画段階で最も重要な仕事の1つです.本セミナーでは,サンプルサイズ設定に纏わる統計的課題を紹介し,サンプルサイズ設定の原理,考え方,定め方,設定根拠の示し方等を解説します.また,受講者がフリーの統計ソフトウェアを使って,サンプルサイズ設定を行う演習の時間を用意します.座学と演習を通じて,基本的なサンプルサイズ設定を実施できるようになることがねらいです.

本セミナーは,医薬品,医療機器,食品,化粧品メーカー,大学や病院等で,臨床試験に携わっている方を対象としています.なお,本セミナーでは,数式をほとんど扱いませんので,統計の専門でない方々に,安心して参加していただける内容になっています.

なお,本セミナーの受講者は,ノートパソコンを持参してください.
プログラム
 1.サンプルサイズ設定とは
  1-1 倫理と科学
  1-2 実施可能性
  1-3 考え方

 2.サンプルサイズ設定の準備
  2-1 試験の仮説と構造
  2-2 探索的試験と検証的試験
  2-3 比較の型
  2-4 対照群の設定
  2-5 選択・除外基準
  2-6 エンドポイントの設定
  2-7 データの種類
  2-8 データの分布
  2-9 検定と推定
  2-10 αエラーと検出力
  2-11 主要な解析手法
  2-12 脱落の見積もり
  2-13 必要サンプルサイズを減らすコツ

 3.サンプルサイズ設定の実際
  3-1 サンプルサイズ設定のための情報収集
  3-2 サンプルサイズ設定の根拠
  3-3 サンプルサイズ設定の記載
  3-4 精度ベース
  3-5 検出力ベース
  3-6 単群試験
  3-7 並行群間比較試験

 4.サンプルサイズ設定演習
  4-1 Webベースの統計ソフトウェアによる演習
  4-2 一群の平均の評価
  4-3 一群の割合の評価
  4-4 二群の平均の比較
  4-5 二群の割合の比較
  4-6 二群の生存時間の比較

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
臨床試験,GCP,サンプルサイズ,症例数,講習会,研修,セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ