ホーム > セミナー > 食品企業での従業員のモチベーション・生産性アップのポイント

多くのトラブルを未然に防ぐために従業員満足をいかにして上げるのか?具体的に解説!
働き方改革で求められる「従業員ひとりひとりが主体的に働き生産性を上げる」ため必要なのは?

食品企業での従業員のモチベーション・生産性アップのポイント

~従業員満足を上げ、企業価値を高めるために優先すべき課題とは~

セミナー概要

略称
食品企業
セミナーNo.
開催日時
2019年10月18日(金)12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区文化センター 3F 第2研修室
講師
食品安全教育研究所 代表 河岸宏和 氏
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

趣旨
方針、社是などで、お客様満足を第一に考えている企業は多い物です。しかし、お客様満足よりも優先すべき課題があります。それは、「働き方改革」が言われている今、お客様満足よりも、従業員の満足を第一に考える必要があります。
従業員が、仕事に働きがいを感じ、働く環境に満足し、自分の将来に夢を感じる事が出来れば、従業員が募集をしても集まらないと言うことはありません。
どうすれば従業員満足を上げる事が出来るか、具体的に解説します。
働き方改革は、単純に残業制限などの外枠を抑えるだけでなく、従業員ひとりひとりの主体的に働き生産性を上げることが必要なのです。
バイトテロを防ぐためにも、目標を持って主体的に働く、企業文化を作り上げるための方策を具体的に、詳しく解説します。
プログラム
 ●働くこととは
  -人間はなぜ働くか
  -将来の夢を共有すること
 ●所属することの喜び
  -コミュニケーション
  -経営理念
  -組織風土
  -職場環境
  -対人関係
 ●仕事をすることによる報酬
  -仕事の面白さ
  -やりがい
  -仕事の重要性
  -自己成長性
  -社会的意義
  -会社の将来性
 ●賃金規定
  -年間総労働時間の考え方
  -有給の考え方
  -給与体系
  -役職の考え方
  -賞与体型、評価方法
  -資格制度
  -タイムカード、残業の考え方
 ●間接的な報酬
  -社会保険
  -福利厚生
  -教育、研修
  -異動、転勤について
 ●職場環境
  -駐車場の管理
  -更衣室
  -手洗い設備
  -食堂の設備
  -トイレ
  -机、椅子の環境
  -事務所
  -作業場の環境
  -安全対策
 ●パソコン、携帯電話
  -パソコンの環境
  -電話
  -携帯電話
 ●通勤費
  -車の通勤費
  -電車での通勤費の考え方
  -自転車、徒歩での通勤費
  -私有車を仕事で使用したときの規定
 ●出張規程
  -交通費精算の考え方
  -宿泊費の考え方
  -出張手当の考え方
 ●いい人材の採用方法
  -採用プロセスの明確化
  -求人方法
  -面接時の経費
  -適正試験
  -採用担当者の資質
  -他社との差別化の明確化
  -人材紹介制度
  -赴任時の経費
  -寮のあり方
 ●バイトテロを防ぐために
  -就業規則の内容
  -雇用契約書について
  -携帯電話の保管場所
  -悪意を持った投稿の管理
  -コールセンターの設置
  -環境点検
 ●外国人労働者の雇用について
  -外国人労働者雇用の考え方
  -面接
  -雇用契約書
  -寮について
  -コールセンター
  -保険
キーワード
食品,工場,開発,研究,従業員,トラブル,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ