ホーム > セミナー > 免疫チェックポイント阻害薬による 有害事象の基礎および因果関係判断のポイント

~免疫チェックポイント阻害剤治療の考え方や治療アウトカムについても解説!~

免疫チェックポイント阻害薬による
有害事象の基礎および因果関係判断のポイント

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
有害事象
セミナーNo.
191263  
開催日時
2019年12月18日(水)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
亀戸文化センター(カメリアプラザ) 6F 第3研修室
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。

※2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず消費税が10%になります。
備考
資料付

講座の内容

趣旨
様々な癌腫において免疫チェックポイント阻害剤が実臨床で使用できるようになり、治療効果のみならず、免疫関連有害事象(irAE)についての知識と経験が浸透しつつある。irAEに対して早期発見と早期治療介入が重要であることは言うまでもないが、その発症予測、発症時期の予測は難しい。各論では各irAEについて事例を挙げながら、有害事象を徴候ベースのみで考えるのではなく、常に病態ベースに置き換えて考えることによって、適切な治療方針がとれる点を強調したい。また、自己免疫疾患の既往を有する患者やハイリスク患者に対する免疫チェックポイント阻害剤治療の考え方や、irAE治療で用いられるステロイド・免疫抑制治療と治療アウトカムについても文献ベースで触れたい。さらに、irAEに関する国内外のガイドラインを参考に、多職種連携によってirAEに対して準備と対応をすることが可能であることを述べたい。本講座でirAEに関する基本的な知識の整理をする一助になればと思う。
プログラム
 1.免疫関連有害事象(irAE)の発症メカニズム

 2.irAEの頻度と発症時期

 3.irAEの治療総論
  3-1ステロイドの使い方
  3-2免疫抑制薬の使い方

 4.irAE各論
  4-1 肺障害
  4-2 内分泌障害
   4-2-1下垂体障害
   4-2-2甲状腺機能障害
   4-2-3副腎不全
   4-2-4一型糖尿病
  4-3循環器障害
  4-4関節炎

 5.irAEのリスクが高い患者に対する治療:自己免疫疾患の治療

 6.irAEと治療アウトカム
  6-1ステロイドとの関連
  6-2免疫抑制治療との関連

 7.irAE後の治療再開

 8.irAEに関する国内外のガイドライン
  ASCO, ESMO, JSMOがん免疫療法ガイドライン

 9.irAE対策と多職種連携
キーワード
免疫チェックポイント阻害剤、免疫関連有害事、irAE、講習会、研修、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ