ホーム > セミナー > RとExcelを用いた食品安全のための基礎統計学

有害な微生物や化学物質などによる食品リスクに対応!!

RとExcelを用いた食品安全のための基礎統計学

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
基礎統計学
セミナーNo.
nts200102  
開催日時
2020年01月22日(水)13:00~17:00
2020年01月23日(木)10:00~17:00
主催
(株)NTS
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 地下ゼミルーム
価格
非会員: 66,000円(本体価格:60,000円)
会員: 66,000円(本体価格:60,000円)
学生: 66,000円(本体価格:60,000円)
価格関連備考
1名につき、66,000円(60,000円+税)※講師著の書籍『実践 食品安全統計学』(本体30,000円 2019.11NTS発行)付き

講座の内容

受講対象・レベル
食品の製造および流通現場において製品の品質管理を行っている管理者・技術者およびそれに関連する方々全て。
趣旨
 食品の安全および品質を管理する上で統計学の知識は重要であるが、特に現在はHACCPプランおよびリスク評価を取り入れた定量的な管理が食品産業界全体に求められている。そこで本セミナーでは①統計学の基礎と②食品の安全および品質管理のために必要な統計学的手法について、解説する。
 本講座では講師がエクセルとRを使って実演をするが、用いるプログラムは拙著で公表されて
いるので、受講者は後でそれを使って確認ができる。
プログラム
●日時 1/22(水)13:00~17:00   1/23(木) 10:00~17:00

1.統計解析ツールRの使い方

2.記述統計学

3.確率と確率分布

4. 標本と母集団

5. 統計検定

6. 統計および確率論的解析方法

  回帰分析、モンテカルロ法、ブートストラップ法、ロジスティック回帰モデル、最確数法

7. ベイズ統計学基礎

8. 管理図による安全・品質管理

9. サンプリングプラン

    OC曲線、計数型および計量型サンプリングプラン、微生物学的サンプリングプラン

10.リスク評価
   リスク計算、用量反応モデル

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ