ホーム > セミナー > IoTを志向したバイオセンシング・センサー

IoTを志向したバイオセンシング・センサー

~基礎と開発事例・応用まで~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
バイオセンシング
セミナーNo.
tr170802  
開催日時
2017年08月25日(金)13:00~17:00
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 
価格
非会員: 46,440円(税込)
会員: 46,440円(税込)
学校関係者: 46,440円(税込)
価格関連備考
お1人様受講の場合 46,440円(43,000円+税)/ 1名
1口でお申込の場合 60,480円(56,000円+税)/ 1口(3名まで受講可能)

講座の内容

趣旨
 安全安心社会を構築するためには、ヘルスケア、環境保全、食の安全などを各種現場でどのように担保していくかが必要不可欠で、そのためのセンサーや情報管理に向けた技術開発が必須である。バイオセンサーは、原理的にも選択性や感度が優れており、実用化に向けた取り組みが行われており、これらの現状を紹介したい。
プログラム
1 バイオセンサーの基礎

2 IoTのためのバイオセンシング

3 モバイル電気化学センシング
  3.1 プリンタブル電極
  3.2 ウエアラブル計測装置・無線通信利用

4 モバイルバイオセンシング
  4.1 遺伝子センシング
   4.1.1 ウイルスセンシング
   4.1.2 微生物センシング
   4.1.3 動物種センシング
  4.2 免疫センシング
   4.2.1 インシュリン
   4.2.2 ストレスタンパク
  4.3 重金属センシング
   4.3.1 フィールド試験用ポータブルセンサ―
   4.3.2 飲料水・大気・土壌汚染センシング
  4.4 生菌数センサー
   4.4.1 飲料水・生鮮食品センシング
  4.5 抗酸化センサー
   4.5.1 機能性食品、飲料のセンシング
  4.6 残留農薬センシング
  4.7 スポーツセンシング

5 ペーパーバイオセンシング
  5.1 高感度イムノクロマト
  5.2 遺伝子診断イムノクロマト
  5.3 携帯カメラ利用IoTバイオセンサー

6 ナノ構造を用いたバイオセンサー
  6.1 ナノインプリント法を用いた量産型プラズモンチップセンサー
  6.2 その他のナノ構造バイオセンサー

7 IoT社会に向けて~今後の展望~

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ