ホーム > セミナー > 医薬品LCMのための製剤開発のポイント 

患者視点の医薬品設計、製剤技術開発のあるべき姿とは?

医薬品LCMのための製剤開発のポイント 

~医療現場で望まれる製剤を目指して~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
医薬品LCM
セミナーNo.
150763  
開催日時
2015年07月27日(月)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第6展示室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名様申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名様同時申込の場合、2人目無料(2名で49,980円)になります。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

趣旨
近年、高齢者の急激な増加や医療環境の変化に伴い、製剤技術に対する要求にも変化が現れてきている。最も服用しやすいとされてきた錠剤であっても、加齢や病態によって嚥下能が低下した患者においては服用しにくいため、さらに服用しやすい剤型の開発が必要であった。この課題を解決できる剤型として口腔内崩壊錠(OD錠)の研究が始まり、日本においても1997年のガスター®OD錠等の上市を皮切りに、現在までに100品目を優に超える製品が世に出ている。

OD錠は初めて医療現場に登場した時、錠剤の服用が困難な患者に対するバリアフリー製剤がコンセプトであった。その後、OD錠は日本において独自の進化をとげていくが、その進化の過程には医療現場で望まれる製剤が一体何であるか、製剤研究者は何を考えて製剤設計をすべきかのヒントが多く隠されている。

本セミナーでは、製剤によるLCMの考え方に上記の考察を加え、当社における口腔内崩壊錠の開発事例も交えてOD錠に限らず患者視点の医薬品設計、製剤技術開発のあるべき姿を論じる。
プログラム
 1.はじめに

 2.医薬品における製品ライフサイクルマネージメント(LCM)

  ・LCMの重要性
  ・LCMと剤形展開
  ・LCMの成功例

 3.LCMのための製品開発戦略
  ・製品のTPP
  ・競合分析
  ・参入障壁の構築

 4.LCMと口腔内崩壊錠(OD錠)の潮流
  ・LCMとOD錠の歴史
  ・海外と日本でのOD錠の違い
  ・OD錠のLCMにおける位置づけの変化
  ・OD技術

 5.当社におけるOD錠の開発事例
  ・調査(使用される患者さん、調剤の背景事情)
  ・TPPと製剤設計
  ・製剤技術開発と製品開発
  ・剤形追加による市場効果の確認
  ・製剤の市販後調査
  ・製剤改良

 6.まとめ:患者視点の医薬品設計

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ