ホーム > セミナー > 国際共同治験に対応するための必須英語表現と文章作成テクニック

~製薬企業の薬事申請担当者、日本CRO協会所属のCRA、日本SMO協会所属のCRC、病院治験担当者向け~

☆参加者にはSAEでよく使う「医学英語事例集」を最後にお配り致します☆

国際共同治験に対応するための必須英語表現と文章作成テクニック

講師の豊富な事例を基に、実際に添削を行いながらスキルアップを目指します!

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
治験英語表現
セミナーNo.
171186  
開催日時
2017年11月24日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学校関係者: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
特典
※今回、受講される方には、講師の新刊書『統計学図鑑』(オーム社)を進呈いたします。
備考
昼食、資料付

講座の内容

受講対象・レベル
・製薬企業の薬事申請担当者
・日本CRO協会所属のCRA
・日本SMO協会所属のCRC
・病院治験担当者
習得できる知識
① SAE報告書を英語で書く時の英文ライティングスキルが学べる
② モニタリング報告書を英語で書く時の英文ライティングスキルが学ぶる
③ 医学英語表現の基本的な知識とスキルが習得できる
④ 薬事申請する場合の英文CTDの作成テクニックが学べる
趣旨
 今回のコースは、国際共同治験でよく使う医学英語表現を、講立てごとに解説し皆様の記載された英語表現を添削しながらライティングスキルの習得を目指します。
プログラム
 1 Global担当者とのe-mailのやり取り

 2 同意取得の医学英語表現

 3 治験開始の医学英語表現

 4 AE/SAE出現対応時の医学表現
 
​ 5 被験者の処置/対応の医学表現

 6 入退院・転院時の医学表現

 7 治験の中止・終了時の医学英語表現

 8 医師の評価コメントの医学英語表現

 9 検査および検体キットの取り扱いの医学英語表現

 10 数多くの事例、(失敗事例も含む)を提示し、受講者の回答を添削いたします 
 
 ※参加者にはSAEでよく使う「医学英語事例集」を最後にお配り致します

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ