ホーム > セミナー > 化粧品処方設計からスケールアップ時におけるトラブル事例と解決策

~少量添加成分による思わぬ影響、増粘剤のロットぶれ、カルボマーの粘度低下、溶解度計算の単純ミス…~

化粧品処方設計からスケールアップ時におけるトラブル事例と解決策

経験豊富な講師が処方設計、スケールアップ、各ステージでのトラブルとその対応策を含めて解説いたします!!

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
化粧品スケールアップ
セミナーNo.
180451  
開催日時
2018年04月27日(金)12:30~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。

■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付き

講座の内容

習得できる知識
〇 スキンケア設計の過程で発生しやすい問題
〇 問題を事前に回避するための対策
〇 問題が起きた時に解決の糸口となる情報や知識
〇 スケールアップから本生産にかけて起きる問題
趣旨
 スキンケア商品の設計においてさまざまな問題に直面する。過去からの知識や経験の積み重ねが技術者から技術者へ順当に伝承される人的資源に恵まれている企業であれば、事前に回避することもできるし、問題が発生しても短時間に解決することができる。
 しかし、そのような企業ばかりではない。本講演ではスキンケア設計の経験が浅い企業や技術者に向けて、どのような問題が起きやすいかを知って少しでも事前に回避できるようにする知識や、問題が発生した際に解決の糸口となる情報や知識を提供します。
プログラム
 1 原料名ではなく成分名で考えることの重要性
 
 2 設計段階で起きる問題
  2-1 洗浄料で使用する界面活性剤の選択
    - 石けん/洗顔フォーム/シャンプー
  2-2 乳化物の安定性
    - 適切な界面活性剤の選択
    - 乳化物の崩壊過程
    - 増粘剤の種類
    - 乳化手段
    - 少量添加成分(美容成分、品質保持剤)による思わぬ影響
  2-3 増粘剤のロットぶれ
  2-4 カルボマーの粘度低下
    - 塩の影響
    - 攪拌の影響
  2-5 分子内にPEGを有する化合物の酸化分解
  2-6 溶解度計算の単純ミス
  2-7 低温によるにごりと高温によるにごり
  2-8 粉体表面処理剤とイオン結合
 
 3 経時安定性試験がかかえる問題
  3-1 加速なのか過酷なのか
  3-2 加速試験方法:熱・光・力
  3-3 試験容器の材質
 
 4 スケールアップから本生産にかけて起きる問題
  4-1 ホモミキサーが稼働する最低量の確認
  4-2 乳化釡サイズとせん断力
  4-3 回転数とせん断力の関係
  4-4 パス回数
  4-5 試作機と生産機の関係

​ 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
スキンケア化粧品

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ