ホーム > セミナー > 遺伝子治療製品における開発・製造・品質評価のポイント【LIVE配信】

ウイルスベクターの製造設備、プロセス、品質評価等についても具体例を交えて解説!

遺伝子治療製品における開発・製造・品質評価のポイント【LIVE配信】

※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
遺伝子治療【WEBセミナー】
セミナーNo.
201276  
開催日時
2020年12月10日(木)13:00~15:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 42,900円(税込)
会員: 39,600円(税込)
学生: 42,900円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で42,900円(税込)から
 ★1名で申込の場合、39,600円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計42,900円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問

備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

講座の内容

習得できる知識
☆遺伝子治療の一般論
☆各開発段階で考慮すべきポイント
趣旨
近年、遺伝子治療製品の承認が相次いでいる。既存の医薬品では治療法のない疾患に対しても治療効果が認められている一方で1回の治療費(薬剤費)が高額なことでもメディアに取り上げられている。本セミナーでは遺伝子治療の歴史を振り返りつつ、現在の遺伝子治療製品についての概要、開発について全般的な話を交えつつ、代表としてAAVベクターについて深堀する。またウイルスベクターの製造設備、プロセス、品質評価等についても具体例を挙げて紹介する。
プログラム
1.遺伝子治療の歴史

2.遺伝子治療製品の概要

3.遺伝子治療製品の開発

4.代表的な製造プロセス

5.生産設備、消耗品

6.品質評価

【質疑応答】
キーワード
遺伝子治療、製造プロセス、品質評価、AAVベクター、ウイルスベクター、研修、セミナー

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ