☆ワクチン開発において取り組むべき今後の課題についても解説!

新型コロナワクチンにおける研究開発動向と今後取るべく戦略【LIVE配信】
・ 新型コロナウイルスワクチンはいかに迅速に開発されたか?
・ 第二世代mRNAワクチン開発の最新状況とは?

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
ワクチン【WEBセミナー】
セミナーNo.
210966
開催日時
2021年09月28日(火) 12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、ZOOM を
  ダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  ZOOM WEBセミナーのはじめかたをご覧ください。

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
 一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
 LIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
 ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく
 複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
講座の内容
習得できる知識
・ 開発が進行中のCOVID-19ワクチンの全体像。
・ mRNA医薬三大バイオテックであるモデルナ、ビオンテック、キュアバックの会社概況と開発パイプライン。
・ SARS-CoV-2ウイルス遺伝子の塩基配列公表から僅か11ヶ月で米国緊急使用許可となったmRNAワクチン2剤(モデルナ mRNA-1273およびビオンテック BNT162b2)の開発軌跡の詳細。
・ モデルナおよびビオンテック/ファイザーを追随する他社(キュアバック、アルクツゥルスなど)によるmRNAワクチンの開発状況。
・ SARS-CoV-2変異ウイルスに有効な第二世代mRNAワクチン開発の最新状況。
趣旨
 ワクチンをはじめサイトカインや増殖因子などの種々のmRNAパイプライン開発が海外のmRNAバイオテックにより進行していた中で、2019年末にCOVID-19のパンデミックが起こり、各社の開発トッププライオリティーは、新型コロナウイルスSARS-CoV-2のワクチンに一斉に変わった。
 全世界が医療危機に直面し、それを救うためのワクチン開発を後押しする巨額の研究開発費助成が世界中から集まりだしたからだ。
 本講演では世界中で開発が進行しているCOVID-19の治療薬や抗体およびワクチンの全体像を概説した後に、20年1月11日に中国政府がSARS-CoV-2の塩基配列を公表してから僅か11ヶ月後に米国で緊急使用許可(EUA)となったモデルナのmRNA-1273およびファイザー/ビオンテックのBNT162b2(コミナティ)などのCOVID-19 mRNAワクチンを中心に、各社プレスリリースとそれと同時に行われたコンファレンスコールの全てを取材してまとめた著書(1)を参照しながらmRNAワクチン開発の軌跡を紹介し今後の課題を考察したい。
1) 新型コロナワクチンはいかに迅速に開発されたか - わずか11か月で承認されたmRNAワクチンの軌跡 - 原 光信 著 国際商業出版 https://www.kokusaishogyo.co.jp/book/
プログラム

 1. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する医薬品開発の全体像(低分子医薬、抗体、各種ワクチンなど)

 2. 新型コロナウイルスの感染拡大で高まるmRNAワクチンへの期待

 3. 臨床開発へと進む海外バイオテック4社のmRNAワクチン

 4. モデルナが第1相試験の中間結果を発表、第2相試験を開始へ。キュアバックは第1相開始

 5. モデルナの第3相試験が開始直前、ファイザー/ビオンテックが米国第1/2相試験中間結果発表
 
 6. モデルナ第3相およびファイザー/ビオンテック第2/3相の二つのピボタル試験が同日にスタート(20年7月27日)

 7. 各国政府がワクチン供給契約を相次ぎ締結

 8. モデルナおよびファイザー/ビオンテックの第3相試験が進展

 9. ファイザー/ビオンテックが欧州EMAへの薬事申請を開始、モデルナはEMAへの薬事申請間近

 10. ファイザー/ビオンテックおよびモデルナが共に、第3相試験の中間結果で90%以上の有効性を報告。米国で緊急使用許可(EUA)を審議するFDA諮問委員会開催が決定

 11. ファイザー/ビオンテックおよびモデルナのmRNAワクチンのEUAが承認。米国民の接種へ向けたワクチン供給がスタート

 12. 英国変異株B.1.1.7が出現、英国はロックダウン

 13. mRNAワクチン2剤は英国変異株には有効だが南アフリカ変異株に対する中和活性は弱い。モデルナは南ア変異株特異的mRNAワクチン開発へ

 14. ファイザー/ビオンテックのBNT162b2(コミナティ筋注)が国内で特例承認、医療従事者への先行接種がスタート

 15. モデルナは2020年に合計8の販売子会社を世界に設立し自社販売へ。2021年の予測売上は184億ドル。

 16. COVID-19 mRNAワクチンにおいて取り組むべき今後の課題

 【質疑応答】

キーワード
新型コロナウイルス,COVID-19,mRNA,ワクチン,開発,セミナー,研修,講習会
関連するセミナー
関連する書籍
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索