開発の成功確率向上、審査の迅速化など、早期承認取得のためのポイントを解説!

三極(日米欧)の
薬事規制/承認審査の相違点をふまえたグローバル開発のポイント【LIVE配信】
~各国規制要件および規制当局の比較から国際開発のために知っておくべき留意事項とは~

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

セミナー概要
略称
三極薬事規制【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年10月25日(月) 13:00~17:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
フェリング・ファーマ(株)薬事&コンプライアンス本部 本部長 小池 敏 氏
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
講座の内容
趣旨
 医薬品開発においてグローバル開発戦略を用いた開発が増加する状況下、主要国の規制要件を理解することはグローバル開発戦略を適切に策定し,効率的に実施することのみならず、各国での医薬品開発の成功確率を上げ、審査の迅速化、即ち早期承認取得にも繋がる。
 本講演では、開発薬事担当者を始め、グローバル開発に携わる方々に知って頂きたい日米欧での医薬品の規制要件、承認審査プロセス、および迅速承認システムをその異同を比較しながら解説する。さらに当該規制要件をグローバル開発にどのように利用するかについても解説する。
プログラム

 1.規制当局・薬事関連規制要件の概要・比較
  1) 日本
  2) 米国
  3) 欧州   
  4) 日米欧規制当局の比較
 2.医薬品開発に関する規制要件の概要・比較
  1) 治験届・IND       
  2) 治験相談
  3) CMC関連             
  4) 非臨床関連
  5) 臨床関連
  6) GLP、GMP、GCP査察と対応
 3.承認審査に関する規制要件の比較
  1) 日本
  2) 米国:PDUFA、審査概略、審査概念、GRMP、海外成績の受入要件
  3) 欧州:審査概略、中央審査方式、相互認証方式
  4) 各国の迅速審査・承認システム
 4.各国規制要件のグローバル開発への利用
  1) グローバル開発戦略
  2) 地域の優先を考える際の留意点
  3) グローバル開発戦略での各国申請のタイミング
  4) 国際共同試験及び外国人データの規制当局受入

スケジュール
※多少前後する可能性がございます。
 13:00~14:10 講義1
 14:10~14:15 休憩
 14:15~15:25 講義2
 15:25~15:30 休憩
 15:30~16:40 講義3
 16:40~17:00 質疑応答
キーワード
薬事,申請,PMDA,FDA,EMA,セミナー,講演,セミナー
関連するセミナー
関連する書籍
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索