ホーム > セミナー > 積層セラミックコンデンサ(MLCC)の小型化、薄層多層化と最先端開発動向【LIVE配信】

製造方法、材料技術、信頼性技術、誘電体現象論、最先端の開発状況等

積層セラミックコンデンサ(MLCC)の小型化、薄層多層化と最先端開発動向【LIVE配信】

※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。
セミナー修了後、申込者のみご覧いただける期間限定(11/24~11/30)のアーカイブ配信を予定しております。


~車載用途・5G基地局など厳しい信頼性を必要とされる用途にも言及する~

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
MLCC【WEBセミナー】
セミナーNo.
201177  
開催日時
2020年11月20日(金)10:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 55,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
持参物
受講にはWindowsPCを推奨しております。
タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
備考
資料付(PDF)

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。Zoomアプリをダウンロードしてご受講いただくことをお薦めいたしますが、やむを得ずダウンロードできない場合は、Webブラウザ版(Google Chrome推奨)でもご受講いただけます。

・このホームページからお申し込みされた場合、すぐに自動返信メールが届きます。弊社のシステム上、メールの文面が通常セミナーでの受付内容になっておりますが、LIVE配信のセミナーで参加登録ができておりますので、ご安心ください。

・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から「ミーティングテストに参加」を押していただき、前日までに必ず動作確認をお願いします。
・セミナー資料はPDFデータにて前日までには、お送りいたします。ご自宅への送付を希望の方は、お申込み時にコメント欄にご住所などをご記入ください。

・開催日直前に別途視聴用のURLを記載した招待メールをお送りいたします。セミナー開催日時の10分前に、視聴用のURLよりログインしていただき、ご受講ください。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。

・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。

講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

講座の内容

習得できる知識
積層セラミックコンデンサの性質、原理、応用の基礎
最先端の材料技術
最先端のプロセス技術
趣旨
 積層セラミックコンデンサ(MLCC)に関して、その電気的性質と用途だけでなく製造方法、材料技術、信頼性技術、誘電体現象論、最先端の開発状況等、幅広く網羅し、特にMLCCで最も重要な信頼性に関しては実践的な側面だけでなく科学的な側面からも構造設計と材料技術を詳しく解説する。車載用途や5G基地局のように厳しい信頼性が要求される用途についても解説する。更に今後の動向についても考察する。
プログラム
1.はじめに
2.積層セラミックコンデンサの歴史
3.コンデンサの特性と用途

 3-1.コンデンサの性質と種類
  3-1-1.コンデンサの性質
  3-1-2.コンデンサの種類
  3-1-3.セラミックコンデンサの規格
 3-2.コンデンサの用途
  3-2-1.デカップリング用
  3-2-2.平滑用
  3-2-3.カップリングコンデンサ
4.積層セラミックコンデンサの製造方法と小型大容量化
 4-1.製造方法
 4-2.誘電体層の薄層化
 4-3.内部電極の薄層化
 4-4.薄層化、多層化と残留応力
5.信頼性と構造欠陥対策
 5-1.構造欠陥の分類
 5-2.製造プロセスと構造欠陥
 5-3.環境条件と構造欠陥
 5-4.高信頼性構造設計
6.誘電体材料技術
 6-1.絶縁抵抗の寿命現象
 6-2.静電容量エージング現象
 6-3.低周波の誘電緩和現象
 6-4.高温用材料
7.超薄層化と誘電体材料
 7-1.チタン酸バリウムのサイズ効果と内部応力
 7-2.外部応力
 7-3.残留応力
 7-4.高誘電率化
8.今後の方向性
 8-1.ポストNi
 8-2.ポストチタバリ
9.おわりに
キーワード
積層,セラミック,コンデンサ,チタン酸バリウム,高温用,誘電体,5G,車載,信頼性,講座

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ