ホーム > セミナー > 生体親和性材料の表面設計と評価・分析法

基礎から丁寧に学べると好評です!

生体親和性材料の表面設計と評価・分析法

ータンパク質吸着/細胞接着/ナノ粒子・再生医療への応用ー

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
生体親和性材料
セミナーNo.
190863  
開催日時
2019年08月20日(火)10:00~15:00
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
■ 会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。また、当日学生証をご持参ください。
備考
昼食・資料付き

講座の内容

習得できる知識
医療応用に向けた材料学の基礎
表面・界面工学に基づく医療材料の分析技術
趣旨
人工臓器から再生医療、予防診断に使われるバイオセンサーといった医療デバイスは、生体と直接もしくは間接的に接触して使われる。そこで材料には生体に害を及ぼさないという生体適合性が必須機能となる。本講座では、材料と生体の初期反応であるタンパク質吸着から細胞接着のメカニズムを解説し、生体適合性発現機構について学ぶ。また生体適合性材料を医療デバイスへ応用する際の技術課題と将来展望について紹介する。
プログラム
 1.医療材料の基礎物性
  1-1 親水性、疎水性、イオン性材料
  1-2 界面の重要性
  1-3 表面・界面の物理化学
  1-4 固体表面における吸着

 2.タンパク質の吸着および細胞接着
  2-1 タンパク質の吸着から血栓形成
  2-2 細胞接着

 3. バイオ界面の分析法
  3-1 材料表面の分析法 (XPS, AFM, SEM, TEM, SFGなど)
  3-2 吸着タンパク質の分析法 (SPR, QCMなど)
  3-3 細胞接着の評価 (免疫染色など)

 4.生体親和性材料を用いた応用
  4-1 タンパク質非吸着材料の応用 (人工心臓や人工肺を題材に)
  4-2 ナノ粒子の応用(DDSや細胞イメージングを題材に)
  4-3 バイオセンサーへの展開(ウイルス、がん診断、リッキドバイオプシーなど)
  4-4 再生医療への展開
  4-5 ヘルスケアへの展開 

 5.  将来展望
 
 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
生体親和性,生体適合性,タンパク質吸着,細胞接着,界面,セミナー,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ