ホーム > セミナー > GVP教育の立案/実施と評価のポイント【LIVE配信】

☆GVP教育担当者の役割の理解と業務遂行能力の習得をめざす!

GVP教育の立案/実施と評価のポイント【LIVE配信】

医薬品等の製造販売後の安全監視における、社内体制確立のために必要なGVP教育を如何に計画し実施していくか?
具体的なカリキュラムを基に実務演習的に解説します!

※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
GVP教育【WEBセミナー】
セミナーNo.
2102107  
開催日時
2021年02月26日(金)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 49,500円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
資料付

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

講座の内容

受講対象・レベル
安全管理部門の管理責任者・教育担当者・安全管理担当者、
総括製造販売責任者
教育研修部門の教育研修管理者・MR教育担当者
習得できる知識
・GVPの基礎 
・GVP教育の意義 
・教育の対象者とは 
・教育のタイミング
・対象者ごとの教育内容 
・教育記録の作成と報告
・評価と教育効果
趣旨
製造販売後の安全確保のために、情報収集の網羅体制を確保すべく、管理部門のみならず、実施部門、その他関連部署に至る全社的な体制構築をGVPでは求めている。このため、各社この要件に合わせて業務手順書(SOP)を整え、安全監視業務を遂行し、その適格性の向上に努めているところである。しかしながら、安全管理・実施部門に属する者のみならず、全社員を対象とした、しかも導入・継続と多岐にわたり教育担当者は考慮し計画を立案し、実施しなければならない。
そこで、GVP省令及び関連法規の歴史的背景を振り返り、広範囲な関係部署毎の留意点を理解し、GVP教育の担当者としての基礎知識を把握する。
プログラム
 1.はじめに
  GVPの基礎

 2.GVP教育を考える
  2-1 教育の意義
  2-2 教育の対象者
  2-3 教育のタイミング

 3.教育計画の立案と実施
  3-1 管理部門の教育
   3-1-1 導入の留意点
   3-1-2 継続の留意点
   3-1-3 自己研鑽
  3-2 実施部門のMR教育
   3-2-1 導入の留意点
   3-2-2 継続の留意点
  3-3 その他関係する部署
   3-3-1 導入の留意点
   3-3-2 継続の留意点

 4.教育の効果・評価と報告
  4-1 客観的評価
  4-2 効果測定
  4-3 総括への報告
  4-4 教育関連資料の記録・保管

 5.まとめ
キーワード
医薬品,GVP,教育,安全監視,製造販売後責任,MR,研修,セミナー,講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ