ホーム > セミナー > Visual SLAMの基礎と実践

☆これからVisual SLAM技術を学ぼうとされている方に最適な講座!

Visual SLAMの基礎と実践

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
Visual SLAM
セミナーNo.
180849  
開催日時
2018年08月31日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 第2研修室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
備考
昼食・資料付

講座の内容

受講対象・レベル
Visual SLAM技術を今から網羅的に学ぼうとされている方、
基礎から学びたい方や自社の設備などへの適用可能性の検討をされている方など,
比較的、初心者の方を対象にしています.
必要な予備知識
高校数学は必須で,線形代数や画像処理(コンピュータビジョン)の基礎知識があると良いです.
習得できる知識
Visual SLAMを基礎が理解できるようになり,研究レベルの様々なVisual SLAM技術に関する網羅的な知識が習得できます.最新のVisual SLAM技術がどのレベルにあり,どのような問題があるか把握できます.
趣旨
 Visual SLAM技術を基礎から実践に至るまで,なるべく難解な数式を使わずに,しかし幾何学的には正確に,直感的なイメージができるように解説します.具体的には,Visual SLAMと類似技術との関係,典型的なVisual SLAMの実装法の理解に必要な要素技術,最新のVisual SLAMの紹介,Visual SLAMの精度評価方法の順に,網羅的な解説をします.
プログラム
1.はじめに

2.Visual SLAMとその関連技術
 2.1 3-DOF SLAMと6-DOF SLAM
 2.2 Visual SLAMとVisual Odometry
 2.3 Structure-from-Motion
 2.4 Multi-view Stereo
 2.5 Bundle Adjustment
 2.6 Model-based Tracking

3.Visual SLAMの要素技術
 3.1 初期化
 3.2 特徴抽出
 3.3 対応点探索
 3.4 カメラ位置推定
 3.5 三角測量
 3.6 バンドル調整
 3.7 マップ更新
 3.8 localizationとre-localization

4.最新のVisual SLAM技術紹介

5.Visual SLAMの実装と評価

6.まとめ

 【質疑応答・名刺交換】
キーワード
Visual SLAM,基礎,実装,評価,セミナー,研修,講習

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ