ホーム > セミナー > “10年・15年先”中長期的視点をふまえた        医薬品の事業性評価とポートフォリオマネジメント

事例も交え中長期の事業戦略検討に事業ポートフォリオ分析を活用するポイントを解説!

“10年・15年先”中長期的視点をふまえた
       医薬品の事業性評価とポートフォリオマネジメント

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
事業性評価
セミナーNo.
150512  
開催日時
2015年05月22日(金)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
江東区産業会館 第2会議室
価格
非会員: 49,980円(税込)
会員: 47,250円(税込)
学生: 10,800円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
 ★1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。
学校関係者価格は、企業に在籍されている研究員の方には適用されません。
備考
昼食・資料つき

講座の内容

趣旨
 医薬品開発においては、近年、開発費用の高騰・候補化合物の減少・競争の激化などにより、事業性評価の重要性が高まってきています。反面、エビデンス評価である安全性・有効性評価に対し、事業性評価は予測ベースの評価であり、そのアプローチは大きく異なります。また、安全性・有効性評価とは異なり、事業性評価の業務としての歴史は浅く、業務プロセスとしての確立度合いは各社ばらつきがあります。

 本講座では、第1部として、本業界における事業性評価の必要性から、新薬開発品の標準的な事業性評価プロセスをご紹介します。第2部では、個別製品・開発品プロジェクトの全体像を把握し、課題発見・解決の検討を行う事業ポートフォリオマネジメントのご紹介を行います。加えて、このパートでは、組織形態の事例も交えながら、中長期の医薬品事業戦略の検討に事業ポートフォリオ分析を活用するポイントをご紹介します。
プログラム
 第1部:事業性評価編
  1.1 医薬品評価における事業性評価の重要性
  1.2 事業戦略意思決定プロセスの概要と効果
  1.3 事業性評価業務の動向

 第2部:事業ポートフォリオマネジメント編
  2.1 事業ポートフォリオマネジメントとは
  2.2 事業ポートフォリオマネジメントの目的とプロセス
  2.3 事業ポートフォリオ評価業務の流れ
  2.4 事業性評価・ポートフォリオマネジメントを行う組織類型・事例
  2.5 事業ポートフォリオ分析の中長期経営戦略への活用事例

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ