生体材料表面の親水性・疎水性の相違による生体適合性とは?タンパク質吸着性や細胞接着性の変化とは?
★これからの新しい生体材料開発の進むべき方向について解説★

求められる生体材料の表面特性とその処理法および生体適合性評価法【LIVE配信】
※オンライン会議アプリzoomを使ったWEBセミナーです。ご自宅や職場のノートPCで受講できます。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
生体適合性評価【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年03月22日(月) 10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  55,000円 (本体価格:50,000円)
会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
学生:  55,000円 (本体価格:50,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
習得できる知識
★金属系,セラミックス系,ポリマー系生体材料の表面処理技術
★各種材料の親水性・疎水性の制御方法と生体材料・工業材料への展開
★生体材料の生体適合性評価法(in vitro,in vivo,硬組織適合性,軟組織適合性)
★生体材料のタンパク質吸着性や細胞接着性評価の結果の考え方
趣旨
金属系生体材料の生体適合性向上のための表面処理技術(主として水溶液プロセス)について,セラミックス,ポリマーの表面処理技術も交えて解説する.さらに生体材料としてのin vitroならびにin vivo評価法(硬組織適合性,軟組織適合性,抗炎症性,抗菌性)についても実験結果を基に概説する.さらに最新の研究結果に基づいて,従来の表面処理法や評価法を振り返り,従来の研究における思い込み,迷信,拡大解釈による誤解を理解する.また,発想の転換により,生体材料表面の親水性・疎水性の相違による生体適合性,タンパク質吸着性や細胞接着性の変化についても説明し,金属,セラミックス,ポリマーという材質にとらわれない,これからの新しい生体材料開発の進むべき方向について解説する.さらに,材料表面の親水性・疎水性制御に基づく工業的展開(ケーススタディー)について説明する.
プログラム
1 イントロダクション
 1.1 コーティング技術と皮膜特性(HApコーティングを例として)
 1.2 生体材料としての評価(in vitro,in vivo)
 1.3 その評価法で正しく生体適合性を評価できているか?

2 TiO2コーティング(ドライ,ウェット)
 2.1 コーティング技術と皮膜特性
 2.2 生体適合性に影響をおよぼす因子(in vivo)
 (皮膜製造プロセス,表面粗さ,皮膜中含有イオン)
 2.3 生体適合性物質は存在するのか?
 2.4 生体適合性材料の表面はどうあるべきか?

3 化学的材料表面特性と生体適合性(金属,セラミックス,ポリマー)
 3.1 表面にコーティング層を形成せずとも親水化・疎水化が可能か?
 3.2 材料表面の親水性,疎水性は何で決まるか?
 3.3 金属,セラミックス,ポリマー表面の親水化・疎水化
 3.4 表面親水性は維持できるか?
 3.5 親水性・疎水性表面インプラントの生体適合性
(硬組織適合性,軟組織適合性,抗炎症性,抗菌性)

4 材料の生体適合性とタンパク質吸着性,細胞接着性
 4.1 親水性表面・疎水性表面とタンパク質吸着性,細胞接着性
 4.2 細胞接着性タンパク質と細胞非接着性タンパク質
 (細胞接着に必要なタンパク質は何だろう)
 4.3 タンパク質吸着インプラント製造プロセスと生体適合性

5 材料表面の親水性・疎水性制御と工業的展開(ケーススタディー)
キーワード
生体材料、生体適合性、タンパク質吸着性、親水性、疎水性、セミナー、講習会
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索