3時間で学ぶ!
暗黙知の引き出し方、業務の属人化の解消、情報の共有化や知識伝承、「暗黙知の形式知化、ノウハウの継承活用」のヒントをお探しの皆様必見のセミナー!

ファンクショナル・アプローチ活用/深層にある「暗黙知の引き出し方」【LIVE配信】
※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

セミナー概要
略称
暗黙知【WEBセミナー】
セミナーNo.
開催日時
2021年09月24日(金) 13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
株式会社 ISIDビジネスコンサルティング
経営戦略第1ユニット マネージャー
暗黙知研究所㈹
藪谷 理絵 氏

【ご専門】
暗黙知の形式知化、ナレッジマネジメント、技術技能伝承

【ご略歴】
東京理科大学卒、公益社団法人日本バリュー・エンジニアリング協会認定 VEL。日系コンサルティングファーム 経営コンサルタントを経て、製造業を中心に暗黙知の形式知化に従事。製造業、プラント建設業、自動車部品メーカー、道路運営管理会社、機械製造会社等、暗黙知の形式知化に関する支援実績、講演実績多数。暗黙知 知識の教授 商標登録出願中

人工知能学会 知識・技術・技能の伝承研究会(SIG-KST)にて暗黙知研究論文を発表
・2019年、ヒトに宿る 暗黙知を引き出す SIG-KST-037-02(2019-08-06)Eliciting tacit knowledge unconsciously possessed by people

https://www.sigkst.org/data/default/C2E83337B2F3B8A6B5E6B2F1/SIG-KST-037-02.pdf

・2020年、暗黙知抽出を加速する「暗黙知 左手の法則」と「仮説思考力」SIG-KST-039-01(2020-03-13)"Left-hand law of tacit knowledge" and " Dynamic Hypothetical Thinking" to accelerate the elicitation of tacit Knowledge.

https://www.sigkst.org/data/default/C2E83339B2F3B8A6B5E6B2F1/SIG-KST-039-01.pdf
価格
非会員:  11,000円 (本体価格:10,000円)
会員:  5,500円 (本体価格:5,000円)
学生:  11,000円 (本体価格:10,000円)
価格関連備考
非会員:1名につき11,000円(税込)
会 員:1名につき5,500円(税込)

会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
・暗黙知の引き出し方に関心のある方
・業務の属人化を解消したい方
・熟練者の経験やノウハウを若い世代に継承したい方
・情報の共有化や知識伝承などを担われている方
・職位、お立場によらず
 「暗黙知の形式知化、ノウハウの継承活用を促すこと」のヒントをお探しの皆様
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。
習得できる知識
ファンクショナル・アプローチを活用した「効果的な暗黙知の引き出し方」(基礎)
趣旨
 近年人工知能(AI)は著しい勢いで進化を遂げております。技術技能の伝承も、人から人だけではなく、人からロボットに伝承する時代になりました。しかしテクノロジーを駆使するにも、暗黙知を引き出さないことには、何も始まりません。
 AIが暗黙知を感知するには、まだ時間がかかります。
 
 暗黙知とは、人が長年培った経験、知識・勘・コツ・知恵・信念といった目に見えない記憶を扱います。これは無意識のうちに、あるいは毎日の習慣的な動作から、頭や身体に埋め込まれて獲得する要素が高いものになります。
 この目に見えない人間の記憶、暗黙知を引き出すことは、そう容易なことではありません。ではどうやって暗黙知を引き出したらよいのか、試行錯誤したどり着いたのが、ファンクショナル・アプローチ(=FA)という手法です。起きている事象や暗黙知になっていそうな現象をファンクション(機能)で捉え、暗黙知を引き出す手法を確立しました。FAを活用することで、物理的な思考範囲の狭さ、先入観・固定観念から脱却し、暗黙知を導きやすくすることができます。

このセミナーでは、FAを活用した暗黙知の形式知化(基礎)をお伝えします。
プログラム

1. Introduction

2. 技術技能伝承がなぜ必要か
   ・取り巻く環境
   ・継承が進まない理由
   ・AIが暗黙知を感知するには

3. 暗黙知とは何か
   ・暗黙知と形式知
   ・勘・コツ・知恵
   ・暗黙知の種類 「暗黙知の窓」

4. ファンクショナル・アプローチ
   ・ファンクショナル・アプローチとは 
   ・ファンクショナル・アプローチの歴史
   ・機能とは

5. 暗黙知の形式知化
   ・暗黙知表出化のステップ
   ・作業分解・重要工程の特定

6. 機能に着目
   ・機能表現
   ・暗黙知 左手の法則

7. 仮説を立てる
   ・仮説思考力
   ・機能系統図

8. 暗黙知を引き出す
   ・ナレッジヒアリング
   ・相手との距離を縮める「ラポール」

9. Functional Approach「暗黙知の形式知化」成果・活動事例


【質疑応答】

※講演項目は、多少変更する場合がありますのでご了承ください
 

キーワード
暗黙知,抽出,形式知化,ナレッジマネジメント,技術技能の伝承,FA,AI,セミナー,講演
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索