バイオフィルムを中心とした「ヌメリ」形成のポイントと評価・除去対策【LIVE配信】

セミナー概要
略称
バイオフィルム【WEB】
セミナーNo.
220232
開催日時
2022年02月28日(月) 12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
講師
関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 教授 松村 吉信 氏

《専門》
微生物制御工学・生物工学・分子生物学・生化学

《略歴》
1994年3月 大阪大学大学院 工学研究科 醗酵工学専攻 博士課程後期課程修了
1994年4月 関西大学 工学部 生物工学科 助手
1997年4月 関西大学 工学部 生物工学科 専任講師
2002年9月-2003年9月 米国ミシガン州立大学に留学
2007年4月 関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 専任講師
2008年4月 関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 准教授
2015年4月 関西大学 化学生命工学部 生命・生物工学科 教授

《活動等(現在)》
日本防菌防黴学会 理事,英文誌(Biocontrol Science)編集員
日本生物工学会 代議員

《研究略歴》
・バイオフィルム形成およびその殺菌・洗浄に関わる研究
・抗菌剤耐性細菌の耐性機構と休眠細胞形成に関する研究
・銀系抗菌剤の作用機構解析
・バクテリアにおけるストレス応答およびストレス耐性機構に関する研究
・生活環境における微生物叢解析とその対策に関する研究
・バクテリアを用いた環境浄化に関する研究やバイディーゼル生産に関する研究
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
食品製造,医薬品製造,検査試薬製造,品質管理,公衆衛生,などに従事されている技術者,または,これらに関わる機器類の開発者。特に業務に携わって2〜3年の若手担当者。
必要な予備知識
本講演は、微生物学の基礎的分野から説明を行います。特に、予備知識は必要ないものと思います。
習得できる知識
菌の細胞構造、細胞増殖の仕組み、環境応答とストレス耐性、バイオフィルム構造、バイオフィルム形成過程、バイオフィルムの自己崩壊、細菌細胞における情報伝達、細菌細胞の制御技術、バイオフィルムの洗浄技術、微生物細胞検出技術 等
趣旨
 「ヌメリ」の形成制御や防止・洗浄の難しさは、その構造物が常に生長する微生物細胞を中心としたバイオフィルムで形成されているためである。そのため、「ヌメリ」制御法や形成抑制・除去法にはバイオフィルムの構造や性質を知る必要がある。しかしながら、バイオフィルムの構造は単純ではなく、周辺環境や構成微生物種によって異なり、「この対処法で大丈夫」という画一的なものはない。そこで、バイオフィルムを形成する微生物の基本事項を理解することも重要となる。
 本セミナーでは微生物細胞の活動と微生物制御に関する様々な問題点を示しながら、微生物細胞集団であるバイオフィルム制御の難しさを解説する。また、バイオフィルム内の細菌叢の検出法や細胞の生理状態の確認法についても解説する。これらを通して、バイオフィルムの構造と形成過程の知見や、バイオフィルムの防止・洗浄技術についても解説する。
プログラム

1.微生物制御と「ヌメリ」に関わる微生物
 1.1一般的な抗菌処理方法
 1.2 微生物の分類
 1.3生長する「ヌメリ」、バイオフィルムとは
2.微生物細胞の生活環
 2.1一般的な微生物細胞の生活環
 2.2 微生物の生育に必要な環境条件
  ・栄養
  ・温度
  ・pH
  ・水分活性(湿度)
  ・酸化還元電位(酸素)
 2.3 細菌細胞の構造
  ・バクテリア細胞表層構造
  ・真菌類の細胞表層構造
  ・細胞膜構造
 2.4 細菌細胞の特徴とストレス耐性
  ・栄養細胞
  ・休眠細胞(胞子・芽胞・Persister cell)
  ・環境ストレスとストレス応答
   -熱ストレス
   -酸化ストレス
   -飢餓ストレス
3.「ヌメリ」の原因とバイオフィルム
 3.1 バイオフィルムが形成する環境について
  ・水/土壌環境
  ・一般住居環境
  ・人工構造物(木材・金属・コンクリート)
 3.2 バイオフィルム構造
  ・細胞外多糖
  ・細胞外DNA
  ・その他の細胞外基質
  ・バイオフィルム細胞
 3.3 バイオフィルムのストレス耐性
  ・飢餓ストレス
  ・その他の環境ストレス
  ・抗菌剤ストレス耐性
 3.4 バイオフィルム形成・成熟過程
  ・細胞運度と固形物表面付着
  ・固形物表面固着
  ・マイクロコロニー
  ・バイオフィルム成熟
  ・バイオフィルム崩壊
 3.5 バイオフィルム形成および崩壊に関わる情報伝達システム
  ・c-di-GMPによるバイオフィルム形成初期の遺伝子発現制御
  ・クオラムセンシングシステムによるバイオフィルム崩壊に向けた遺伝子発現制御
  ・その他、バイオフィルム構成成分の合成制御
 3.6 バイオフィルム制御に向けて
  ・バイオフィルム付着部位表面の特徴は?
4.バイオフィルム評価法
 4.1 コロニーカウント法の問題点
 4.2 蛍光染色法を用いた細胞検出と生死判定
 4.3 微生物細胞の同定法
 4.4 次世代シーケンサーを用いた細菌叢解析
 4.5バイオフィルム評価法
  ・染色法
  ・顕微鏡法
  ・フローセル法
5.「ぬめり」・バイオフィルム対策
 5.1 バイオフィルムと表面構造
 5.2 バイオフィルム制御・防止技術
  ・界面活性剤洗浄
  ・酸化系抗菌剤
  ・塩素系抗菌剤
  ・細胞外基質分解酵素の活用
  ・ファインバブルの活用
  ・その他
 5.3 バイオフィルム対策の問題点
  ・殺菌剤利用における耐性菌出現の問題
6.今後のバイオフィルム研究とその活用

 

キーワード
バイオフィルム,ぬめり,微生物,防菌,セミナー,研修,講習会
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索