ホーム > セミナー > ROS(Robot Operating System)の基礎

~実習とデモで学ぶロボット用基本ソフトウェア~

ROS(Robot Operating System)の基礎

★簡易的なシミュレータを用いて,ROSの通信方法やROSによるソフトウェア開発を実戦形式で学びますので,ノートPCをご持参ください。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
ROS
セミナーNo.
tr180102  
開催日時
2018年01月18日(木)10:30~17:00
主催
(株)トリケップス
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
オームビル 
価格
非会員: 50,760円(本体価格:47,000円)
会員: 50,760円(本体価格:47,000円)
学生: 50,760円(本体価格:47,000円)
価格関連備考
1名につき 47,000円[税別]
持参物
ノートパソコン(Ubuntu 14.04 + ROS Indigo以降をインストール済み,仮想環境可)をご持参ください.

講座の内容

受講対象・レベル
「C/C++言語によるプログラミング経験」があると理解が深まります.
趣旨
 本セミナーでは,ロボット用ミドルウェアであるROS(Robot Operating System)の基礎について解説します。簡易的なシミュレータを用いて,ROSの通信方法やROSによるソフトウェア開発を実戦形式で学びます。また,ROSで使用されることが多い地図作成とナビゲーション,画像認識,便利なツールやパッケージ等の応用的な内容についても紹介いたします。
 ROSによるソフトウェア開発や,便利なオープンソースの導入,ROSによるインテグレーションの方法を体得していただきます。
プログラム
[実習]…実習形式で取り組んでいただきます
[デモ]…講師がデモンストレーションを行います.セミナー後に実習できるようテキストをご用意します.

 1 ROSの概要
  1.1 ROSの特徴
  1.2 参考文献とtips

 2 ROSによる通信の概要
  2.1 ノードとマスター
  2.2 ROSによる通信の種類

 3 トピック通信…[実習]
  3.1 コマンドラインツールを用いたトピック通信の理解
  3.2 プログラミングによるトピック通信の実装

 4 サービス通信…[デモ]
  4.1 コマンドラインツールを用いたサービス通信の理解
  4.2 プログラミングによるサービス通信の実装

 5 複数PCによる処理…[デモ]

 6 地図作成とナビゲーション…[実習]
  6.1 自律移動ロボットを開発するための技術
  6.2 シミュレータstage
  6.3 地図作成
  6.4 ナビゲーション

 7 画像処理…[デモ]
  7.1 画像とは
  7.2 画像の取得方法
  7.3 ROSで画像を扱う方法
  7.4 画像処理パッケージの作成

 8 便利なツール,パッケージ及び事例の紹介
  8.1 ツールの紹介
  8.2 パッケージの紹介
  8.3 研究事例の紹介

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連するタグ