ホーム > セミナー > 人工関節の設計条件およびトライボロジ【LIVE配信】

医工の接点に位置する人工関節!
~基礎から開発、デザイン、承認申請までイグノーベル賞受賞の講師が解説致します!~

人工関節の設計条件およびトライボロジ【LIVE配信】

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。
※新型コロナウイルスの影響で、通常セミナーからLIVE配信に変更しました。
※都合により日程が変更になりました。
日程: 3/23(月) ⇒ 7/13(月) (4/3更新) 

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要

略称
人工関節【WEBセミナー】
セミナーNo.
200394  
開催日時
2020年07月13日(月)10:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
自宅や職場など世界中どこでも受講可 
価格
非会員: 55,000円(税込)
会員: 49,500円(税込)
学生: 価格未設定
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で55,000円(税込)から
 ・1名で申込の場合、49,500円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計55,000円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
備考
資料付

【LIVE配信セミナーとは?】
・本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、ZOOM を
  ダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  ZOOM WEBセミナーのはじめかたをご覧ください。

・お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
 一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
 LIVE配信のみのセミナーです。
・お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
・後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
・セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
 ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
・ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
・講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの権利者の許可なく
 複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

講座の内容

趣旨
 人工関節は,1960年に我が国で実用化してから半世紀以上が経過し,現在,出荷本数が年間20万にも及ぶ成熟した技術になっている.しかし,当初から問題となっていた,固定部分の緩みとか摩擦面から排出する摩耗粉の人体への影響を防ぐ方法は,いまだ十分に確立してはいない.
 人工関節自体は,工業製品である.しかし,人体内部に設置されて機能するインプラント材料なので,設計上の諸条件を詳細に定めるのは難しい.また,設置の際には,ヒトの生きた組織に固定する必要がある.固定部分となる人体組織と人工物の境界面に発生する問題は,医学,工学いずれをもってしても,単独では取り扱うことができない.たとえば,人工関節の大きさの問題については,両者の利害が対立するので,最適解を得るのは至難の業である.したがって,人工関節の開発プロジェクトの構築には,医工連携から進んで医工融合を目指す必要がある.
 本講演においては,講師が,工学部出身でありながら医療系の研究組織に所属し,半世紀に渡って携わってきた人工関節開発の経験から,医工の接点に位置する医療機器において本質的な難しさがどこにあるのかを解説する.特に,過去の人工関節の開発過程においてどのような失敗が繰り返されたかを示し,今後,人工関節の新規開発を目指す上での参考に供する.
プログラム
1.人工関節概論
 1-1 医工の接点に位置する人工関節
  1-1-1 関節とは何か
  1-1-2 人工関節による関節形成術
  1-1-3 人工関節の歴史と種類
 1-2 機械的合併症
  1-2-1 本体の破損,周囲組織の骨折
  1-2-2 摩耗粉の有害反応
  1-2-3 固定部の緩み

2.人工関節の設計条件
 2-1 人工関節の置かれる力学環境
  2-1-1 動物の筋骨格系の特性
  2-1-2 関節の運動自由度と人工関節の運動機能
 2-2 人体の一部をなすための条件
  2-2-1 空間の壁
  2-2-2 時間の壁

3.人工関節のトライボロジ
 3-1 動物関節の潤滑機構
  3-1-1 潤滑メカニズムの諸説
  3-1-2 関節摩擦面の構造と摩擦係数
  3-1-3 関節軟骨と関節液の潤滑性能
 3-2 人工関節の潤滑
  3-2-1 摩擦面材料の耐摩耗性 
  3-2-2 流体潤滑のための摩擦面形状設計
  3-2-3 有機物質の潤滑機構

4.人工関節の固定法
 4-1 固定法の種類
  4-1-1 骨セメントによる固定法
  4-1-2 骨セメントを用いない固定法
 4-2 固定部分の形状デザイン
  4-2-1 プレスフィット固定の問題点
  4-2-2 力学的安定性を得る固定部分のデザイン

5.医療機器としての承認申請
 5-1 審査のガイドライン
 5-2 人工関節試験法の標準規格
キーワード
人工関節、トライボロジ、潤滑、承認申請、セミナー、講習会

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ