ホーム > セミナー > 高分子材料におけるトライボロジーの基礎と制御技術

トライボロジーの基礎(固体表面、固体の接触、摩擦理論、摩耗理論、摩擦摩耗試験方法)から制御技術を丁寧に解説!

高分子材料におけるトライボロジーの基礎と制御技術

セミナー概要

略称
高分子トライボロジー
セミナーNo.
開催日時
2020年07月15日(水)13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
開催場所
商工情報センター(カメリアプラザ) 9F 研修室
講師
東北大学 大学院工学研究科 医工学研究科
准教授 (工学博士)山口 健 氏
価格
非会員: 49,500円(税込)
会員: 46,200円(税込)
学生: 11,000円(税込)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ★1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ★2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
■ 会員登録とは? ⇒ よくある質問
■ 学生価格は、教職員や研究員、企業に在籍されている学生には適用されません。
また、当日学生証をご持参ください。
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
資料付

講座の内容

受講対象・レベル
特に制限はありません。
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
習得できる知識
プラスチックを用いたしゅう動要素(軸受けなど)における摩擦低減、摩耗低減方法を理解し、設計やトラブル対処に生かすことができる。
趣旨
トライボロジーの基礎(固体表面、固体の接触、摩擦理論、摩耗理論、摩擦摩耗試験方法)から高分子材料をしゅう動材料として利用するために必要となる、プラスチックやゴムなどの摩擦摩耗に関する基本的事項とその制御技術についてわかりやすくご説明します。また、講師の研究グループが開発した、米ぬかを原料とする硬質多孔性炭素材料RBセラミックスを充填した高分子材料の摩擦・摩耗特性と、それらのしゅう動材料としての応用例を紹介します。
プログラム
1. はじめに

2. トライボロジーの基礎

 2.1固体の表面構造
 2.2 固体の接触機構
 2.3 摩擦の基礎
 2.4 摩耗の基礎
 2.5 摩擦・摩耗試験

3. プラスチック材料のトライボロジー
 3.1プラスチック材料の摩擦・摩耗
 3.2 ゴム材料の摩擦・摩耗

4. RBセラミックス粒子を充填した高分子材料のトライボロジー特性
 4.1 RBセラミックス粒子を充填した樹脂材料の摩擦摩耗特性と応用
 4.2 RBセラミックス粒子を充填したゴム材料の摩擦摩耗特性と応用
キーワード
高分子,トライボロジー,摩擦,摩耗,潤滑,講習,セミナー,研修

関連するセミナー

関連する書籍・DVD

関連する通信講座

関連するタグ