次世代抗体の特許に関する最新情報を紹介!

次世代抗体の特許戦略【LIVE配信】
~次世代抗体の特許出願動向・分析・活用方法・最新事例~
※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
次世代抗体の特許戦略【WEBセミナー】
セミナーNo.
2206118
開催日時
2022年06月06日(月) 12:30~16:30
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。
会員登録とは? ⇒ よくある質問
※10名以上の同時申し込みの場合、1人当たり定価の30%価格にてご案内いたします。
 49,500円×30%=14,850円(税込)
 お気軽にお問い合わせください→info@rdsc.co.jp
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
・本セミナーは「Zoom」を使ったWEB配信セミナーとなります。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたについてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
特許に関心のある研究者、経営者、知財担当者など。
必要な予備知識
特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします。
習得できる知識
・次世代抗体の特許動向と今後の方向性に関する知識を習得し、研究開発や特許実務に活かすことができる。
・次世代抗体に関する研究開発と特許実務の課題を習得し、課題に対応するための手法を実践することができる。
・次世代抗体に関する特許の活用方法に関する知識を習得し、特許活用を視野に入れて研究開発や特許実務を行うことができる。
・次世代抗体に関する登録特許の最新事例を理解し、このような知見に基づいて研究開発戦略や特許戦略の策定を行うことができる。
趣旨
近年、抗体医薬への期待が高まっていますが、最近では、次世代抗体として、抗体薬物複合体(ADC)、マルチスペシフィック抗体、低分子抗体(ミニ抗体)などの研究開発が注目され、新たなステージに入っています。このような次世代抗体について研究開発を推進するためには、特許戦略の構築が必要不可欠です。すなわち、研究開発のそれぞれの段階に対応して、どのような特許を取得し、どのように活用するかが重要な課題です。とくに、広くて強い特許を取得することが有効であり、その結果、研究成果を事業活動に最大限に活かすことができます。本講演では、このような視点から、次世代抗体に関する技術動向と特許戦略について説明し、今後の課題と対応策について解説します。
プログラム

1.次世代抗体に関する特許出願の動向
(1)特許出願の最近の傾向(抗体医薬)
(2)抗体薬物複合体(ADC)に関する特許出願
(3)二重特異性抗体(マルチスペシフィック抗体)に関する特許出願
(4)ポテリジェント抗体に関する特許出願
(5)リサイクリング抗体・スイーピング抗体に関する特許出願
(6)低分子抗体(ミニ抗体)に関する特許出願
(7)抗体分子の構造改変に関する特許出願
(8)次世代抗体の量産化、精製技術、産生細胞に関する特許出願

2.次世代抗体に関する要素技術の特許分析
(1)抗体薬物複合体(ADC)の要素技術の特許分析
    ・コンジュゲーション技術、リンカー構造、DAR(薬物抗体価)の最適化など
(2)二重特異性抗体(マルチスペシフィック抗体)に関する要素技術の特許分析
    ・二重特異性の組合せ、医薬用途の選択、電荷的相互作用、量産化・精製技術など
(3)ポテリジェント抗体に関する要素技術の特許分析
  ・糖鎖構造の改変、フコースの除去技術、ADCC活性の向上など
(4)リサイクリング抗体・スイーピングに関する要素技術の特許分析
   ・抗原・抗体の解離条件、投与量・投与回数の改善、持続性の向上など
(5)低分子抗体に関する要素技術の特許分析
  ・Fab、scFv、diabody、single chain diabody、tandem-scFvなど
(6)抗体分子の構造改変の要素技術の特許分析
    ・アミノ酸改変(Fc領域)、糖鎖構造改変、立体構造の最適化など
(7)抗体の量産化、精製技術、産生細胞に関する要素技術の特許分析

3.次世代抗体に関する研究開発と特許出願の課題
(1)特許出願のタイミングと注意点
(2)研究開発に必要な特許調査の注意点
(3)研究開発戦略と特許戦略の一体化
  ・研究部門と知財部門の協力体制、研究者と知財担当者の連携の在り方など
(4)今後の研究開発戦略の方向性

4.次世代抗体に関する特許実務の課題
(1)広くて強い特許とは、どのような特許か(次世代抗体を中心に)
(2)どの程度の進歩性が要求されるのか(従来技術との比較データなど)
(3)どの程度の開示が要求されるのか(実験データ、薬理データ)
(4)特許審査への対応
   ・拒絶理由への対応方法、面接審査の活用方法、拒絶査定を回避するコツなど

5.次世代抗体に関する特許の活用方法
(1)次世代抗体に関連する特許ライセンスの現状と課題
(2)次世代抗体のライセンス活動の実務上の留意点
(3)他社の特許を侵害しない方法
(4)事業戦略と特許戦略の一体化
   ・承認薬と特許との対応関係、薬事法と特許法のリンケージなど
(5)次世代抗体に関する特許のLCM戦略

6.次世代抗体に関する登録特許の最新事例
(1)特許請求の範囲の最新事例
(2)実施例は、どの程度、開示するべきか
(3)進歩性や開示要件は、どの程度、要求されるのか
(4)諸外国の登録特許の事例との比較(米国、欧州、中国など)
(5)事例を踏まえた最適な明細書・クレームの提案
 

キーワード
医薬品,次世代抗体,特許,クリアランス,演習,セミナー,研修,講習会
関連するセミナー
関連する書籍
関連するDVD
関連する通信講座
関連するタグ
フリーワード検索