3時間で学ぶ!
CASEに向けた自動車、カーエレクトロニクスの動向について述べるとともに、今後実現するべき車載機器の実装構造を捉え、構造を成立させる実装技術の課題を解説!

CASEに向けた車載機器の構造変化と実装技術の課題・技術動向【LIVE配信】

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

※受付を終了しました。最新のセミナーはこちら

セミナー概要
略称
車載機器構造動向【WEBセミナー】
セミナーNo.
220187
開催日時
2022年04月26日(火) 13:00~16:00
主催
(株)R&D支援センター
問い合わせ
Tel:03-5857-4811 E-mail:info@rdsc.co.jp 問い合わせフォーム
価格
非会員:  49,500円 (本体価格:45,000円)
会員:  46,200円 (本体価格:42,000円)
学生:  49,500円 (本体価格:45,000円)
価格関連備考
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、46,200円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、
  49,500円(1名当たり 24,750円)(税込)です。

5名以上で同時申込されるとさらにお得にご受講いただけます。
お申込みご希望の方は 【こちら】からお問い合わせください。

会員登録とは? ⇒ よくある質問
定員
30名 ※現在、お申込み可能です。満席になり次第、募集を終了させていただきます。
備考
【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】
1)Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントを
  ダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
2)セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。Zoom WEBセミナーのはじめかたに
  ついてはこちらをご覧ください。
3)開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始
  10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加
  ください。

・セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
講座の内容
受講対象・レベル
・車載機器向けの実装部品、材料、加工関連商品のマーケティング、
 企画、開発、製造、拡販にかかわっておられる方
・新たに車載機器関連事業への参入を検討される方
・その他、車載機器の動向を実装構造レベルで把握したい方
習得できる知識
・CASEに向けた自動車、カーエレクトロニクスの動向に関する知識
・CASEに向けた車載機器の動向の中で、
 機器の実装構造がどのように変化していくのか、その全体像を把握できる。
・実装構造の変化に対する課題(部品、材料、加工)についても全体を把握できる。
趣旨
 自動車業界では、製造販売中心のビジネスからサービスとしてのモビリティ(MaaS: Mobility as a Service) へとビジネスの枠組み自体の変革が始まっており、将来自動に向けて大きな4つのキーワード、自動運転・ADAS (Advanced Driver Assistance System)、コネクテッド、シェアリング、及び 電動化の方向への大きな技術革新が進みつつある (CASE: Connected, Autonomous, Shared & Service, Electric)。
 本講座では、CASEに向けた自動車、カーエレクトロニクスの動向について述べるとともに、車載機器の形態の変化に着目し、今後実現するべき車載機器の実装構造を捉え、構造を成立させる実装技術の課題について解説する。
プログラム

1.CASEに向けた自動車の機能と車載機器の進化
  1.1 従来のカーエレクトロニクス:多様化・高機能化
  1.2 CASE革命:ビジネスの変化と自動車技術の方向性
  1.3 C:Connected コネクテッド
  1.4 A:Autonomous 自動運転
  1.5 S:Shared & Service シェアード&サービス
  1.6 E:Electric 電動化

2.CASEに向けた主な車載機器構造の変化
  2.1 CASEに向けた車の機能と車載機器の進化
  2.2 CASEに向けた主な車載機器と実装構造(まとめ)
  2.3 CASEに向けた車載機器構造の変化:C,A,S(通信)
   (1) MaaSシステムのハードウェア構成
   (2) 統合通信モジュール
 2.4 CASEに向けた車載機器構造の変化:C,A,S(AD・ADAS)
   (1) 自動運転(AD)・運転支援システム(ADAS)の構成
   (2)  AD・ADASシステムセンシング機器
   (3) ミリ波レーダの実装構造
   (4)  LiDARの実装構造
  2.5 CASEに向けた車載機器構造の変化:C,A,S(車両運動制御機器)
   (1) 車両運動制御システムと主な車載機器
   (2) 車両運動制御機器の事例EPS
 2.6 CASEに向けた車載機器構造の変化:E 電動化
   (1) 電動パワートレイン車載機器の構成
   (2) 電源機器・電池パックの構成
   (3) 電池パック実装構造の例
   (4) パワーコントロールユニット(PCU)の内部構成
   (5) 第2世代プリウスのパワーコントロールユニット分解調査結果
   (6) マイルドハイブリッド(MHEV)の動向
   (7)  CASEに向けた車載機器実装構造の変化まとめ

3.CASEに向けた実装構造の詳細と課題
  3.1 C,A,S(通信)
   (1) 通信機器:構造の動向と実装課題
  3.2 C,A,S(AD・ADAS)
   (1) 車外センシング:構造の動向と実装課題
   (2) 車両運動制御:構造の動向と実装課題
  3.3 E 電動化
   (1) 電源(車載充電器)
    ・車載充電器(プリウス PHV)の構造
    ・充電器、電源回路:構造の動向と実装課題
   (2) 電力変換(インバータ、PCU)
    ・PCUの小型・高出力密度化の動向
    ・SiC採用によるPCUの小型化
    ・インバータ、PCU:構造の動向と実装課題
   (3) 電力変換(DC-DCコンバータ)
    ・DC-DCコンバータの動向・内部構造
    ・DC-DCコンバータ:構造の動向と実装課題


【質疑応答】

キーワード
車載機器,CASE,ADAS,カーエレクトロニクス,実装,WEB,セミナー,講演,研修
関連するセミナー
関連する書籍
関連するタグ
フリーワード検索